• トップ
  • ニュース一覧
  • 「正直、余裕なんてありません」――吉田麻也の言葉から解くプレミア7年半の“サバイバル”記/後編【現地発】

「正直、余裕なんてありません」――吉田麻也の言葉から解くプレミア7年半の“サバイバル”記/後編【現地発】

カテゴリ:海外日本人

田嶋コウスケ

2020年02月13日

ソン・フンミンが吉田に送った言葉とは?

7年半の間にCBとして大きく成長した吉田には、韓国代表のエースも賛辞を送る。 (C) Getty Images

画像を見る

 フランス代表FWオリビエ・ジルー(現チェルシー)に対しても、吉田は闘志を燃やした。

 高さと強さがあり、それでいて足もとの技術も秀逸なジルーは、前所属のアーセナル時代を含め、サウサンプトン戦を得意としていた。吉田は「毎回、毎回やられているから、ジルーだけには絶対にやられたくないと思っていた」と決意を語り、激しい肉弾戦を繰り広げた。

 また、吉田は、ピッチ上でしか分からない貴重な情報も教えてくれた。

 イングランド代表のエースであるFWハリー・ケインについては「そんなに身体は大きくないけど、実は身体がめちゃくちゃ強いんですよ」と、フィジカルの強さが武器であると語っていた。

 アーセナルのMFメスト・エジルについても、「ボールの持ち方が非常にいやらしくて、取れそうで取れないところにボールを置いてくる。自分がコントロールできるところに保持している。だから、取れそうに見えて、実は取れない。バイタルエリア周辺をウロウロされると嫌ですね」と話していた。いずれも、取材席から眺めているだけでは知りえない情報ばかりだった。

 こうして改めて振り返ると、吉田のプレミアリーグでの7年半は、「サバイバル」の一言に集約できるように思う。チーム内では熾烈なポジション争いに身を置き、一瞬たりとも気が抜けなかった。ピッチに飛び出しても、しのぎを削るのはワールドクラスのアタッカーたち。こうした刺激的な環境が、吉田をCBとして大きく成長させた。

 プレミアリーグで戦うことの難しさは、同じアジア人としてイングランドでプレーする韓国代表FWソン・フンミンも痛いほど知っている。吉田のイタリア1部サンプドリアへのレンタル移籍発表後、イングランドで身を削ってきた日本代表DFについて次のように語った。

「競争の激しいプレミアリーグで7年半も戦い続けた事実が、彼の偉大さを物語る。本当に凄いことだよ。同じアジア人として、とても誇りに思う。イタリアでの幸運を祈っている」

 さらなる成長を期してイタリアへと旅立った吉田麻也。プレミアリーグでの経験は、新天地サンプドリアでも大きな武器になるのは間違いない。

取材・文●田嶋コウスケ
【関連記事】
プレミアで成長し、サウサンプトンに愛された吉田麻也。英国での7年半を振り返る/前編【現地発】
「必要としていた選手像」「日本では国中のアイドル」サンプドリア移籍の吉田麻也を伊紙が特集!
「彼が求めているものを与えることはできない」吉田麻也の電撃退団に、サウサンプトン指揮官の見解は?
「シバサキが機転の利いたプレーを披露」柴崎岳のFKをスペイン全国紙が称賛! デポルを7連勝に導く千金弾を演出
「露骨な差別」「馬鹿にしている」マジョルカのコーチが久保建英に送った“アジア人蔑視のサイン”が物議!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ