• トップ
  • ニュース一覧
  • 「彼が求めているものを与えることはできない」吉田麻也の電撃退団に、サウサンプトン指揮官の見解は?

「彼が求めているものを与えることはできない」吉田麻也の電撃退団に、サウサンプトン指揮官の見解は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月11日

「ファンタスティックなキャラクターだった」

サウサンプトンのハーゼンヒュットル監督が吉田の移籍について言及した。(C)Getty Images

画像を見る

 31歳にして7年半を過ごしたクラブを離れ、リーグも変えるのは大きな決断だ。

 日本代表の吉田麻也は、冬の移籍マーケットでプレミアリーグのサウサンプトンからセリエAのサンプドリアにレンタルで加入した。今季限りで契約が満了するサウサンプトンで、出場機会を失っていたことが大きい。

 シーズン序盤こそピッチに立っていた吉田だが、11月以降はプレミアリーグでの出場時間はわずか5分。ベンチ生活が続く中で、守備の国と名高いイタリアへの移籍を決めた。

 市場最終日に急きょ決定した吉田の移籍について、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督は英紙『Daily Echo』で「リバプール(遠征)へのフライトであっという間に下された決定だ。彼はこのクラブで長いことプレーしてきた」と話している。

「このクラブにとって重要な選手だったが、今の私には彼が求めるものを与えることができない。彼はプレーする時間を必要としている。選手が監督のところに来て『ここもプレーも好きだけど、頻繁にプレーできておらず、何かを変える必要がある』と言ってくるのは普通のことだ」

 ハーゼンヒュットルは「それは理解できることだった。わたしは、彼の幸運を祈っている」と、吉田にエールを送った。

「彼はファンタスティックなキャラクターで、ファンタスティックな選手だ」

 2月8日のセリエA第23節トリノ戦では、ベンチ入りしたが出場機会はなかった。環境への適応や言葉の障害もあるなかで、同じく冬に加わった元イタリア代表のロレンツォ・トネッリからポジションを奪うのは容易ではない。

 だが、吉田は試合に出るために新たな冒険へと挑んだ。サンプドリアはコッパ・イタリアで4回戦敗退に終わっており、残るはセリエAの15試合。これからの約3か月で、吉田はどれくらいのチャンスを手にすることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
プレミアで成長し、サウサンプトンに愛された吉田麻也。英国での7年半を振り返る/前編【現地発】
「必要としていた選手像」「日本では国中のアイドル」サンプドリア移籍の吉田麻也を伊紙が特集!
「表舞台から消えた33歳にすがるほど最悪な状況」「ファンは幻想を…」本田圭佑のボタフォゴ移籍をブラジル人記者はどう見たのか?【現地発】
「プレーが“綺麗”すぎて批判が…」サンプドリア地元紙が吉田麻也の特徴を紹介! 気になるデビュー戦は?
「サンプドリアに感謝します」セリエA移籍の日本代表DF吉田麻也がイタリア語でファンに挨拶! 新天地ユニ姿も公開!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ