【シリア戦|採点&寸評】軽率、ちぐはぐ、リスク管理不足…采配はまったくチームの助けになっていない!

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2020年01月13日

際どいシュートも枠を捉え切れず…交代策も遅きに失した

グループリーグ敗退後、森保監督は選手たちに「勝負強さ」「勝負勘」を養ってほしいと要望した。写真:佐藤博之

画像を見る

FW
13 上田綺世 4.5
動き出してパスを要求し続けたが、ボールが出て来なかった。83分についに絶好のクロスが入ったが、左足ボレーは枠から逸れた。

交代出場
FW
18 田川亨介 5
(67分IN)
シャドーに入ったが、狙うスペース、コースが上田と被り、ボールを引き出せなかった。渾身のシュートもゴールならず。

DF
2 立田悠悟 5
(77分IN)
渡辺の負傷を受けて急きょ3バックのセンターに。インターセプトからの攻め上がりを見せたが、リスク管理は甘かった。

MF
19 旗手怜央 −
(86分IN)
切り札として投入された直後に逆転弾を浴びる。アディショナルタイムにカットインから際どいシュートを放つも、セーブに遭った。

監督
森保 一 3.5

相変わらず交代が遅く、チームの助けにまったくなっていない。2試合しか経験を積めなかったのは、あまりに痛い。

取材・文●飯尾篤史(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ