U-23日本、シリアに1-2敗戦でまさかのGL敗退… 再三の好機逃しカウンターで勝ち越し許す

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月13日

前半は先制されるも終始日本ペースだったが…

先発した上田は再三シリアゴールに迫り、得点の匂いを漂わせたが…。写真:佐藤博之

画像を見る

 U-23アジア選手権は1月12日、タイのタマサートスタジアムでグループリーグ第2戦のU-23日本対U-23シリアの一戦が行なわれ、日本は1-2で敗れた。

 日本は初戦のサウジアラビア戦に敗れ、そのサウジアラビアは第2戦でカタールと引き分け。日本は、このシリア戦に敗れると、グループ敗退が決まってしまう。

 そんなシビアなシチュエーションで迎えた試合は、序盤の9分にいきなり動く。日本は自陣ペナルティエリア内での競り合いがVAR判定の対象となり、町田浩樹がファウルを取られてPKを献上。これをFWバラカトに決められ、先制を許してしまった。

 しかし日本は立ち上がりからボールを支配してシリアを押し込む。25分過ぎに上田綺世や橋岡大樹が際どいシュートを放ってシリアゴールを脅かすと、日本は30分に同点に追いつく。左サイドから波状攻撃を仕掛け、最後は左ウイングバックの相馬勇紀が右足を振り抜き、強烈なミドルシュートを突き刺した。日本が1-1として前半を折り返した。

 迎えた後半も立ち上がりから日本が主導権を握った。同点ゴールを奪った相馬や右サイドの橋岡が押し込み、両サイドに起点を作っては、相手ゴールを脅かす。

 62分には右サイドからのクロスが相馬に渡り、そのまま左足を振り抜くが、ここは相手DF陣のブロックに遭い、ゴールはならず。

 67分、日本は食野亮太郎に代えて、田川亨介が投入。さらに78分には負傷した渡辺剛に代えて立田悠悟を投入した。

 そして83分には日本にビッグチャンス。右サイドを駆け上がった橋岡から鋭いクロスが上がると、これに反応したのは上田。飛び込んだ上田は左足を伸ばしてボレーで合わせるが、シュートはわずかにゴール左に逸れてしまった。すると日本は終盤の88分、カウンターからアハマド・ダリに持ち運ばれ、そのままゴールを決められてしまう。シリアに勝ち越しを許してしまう。

 試合は結局、1-2でタイムアップ。日本はシリアに敗れ、グループリーグ敗退が決まった。

 日本は15日のグループリーグ最終戦でカタールと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ