【シリア戦|採点&寸評】軽率、ちぐはぐ、リスク管理不足…采配はまったくチームの助けになっていない!

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2020年01月13日

体たらくのチームで唯一気を吐いたのは…

相馬は同点弾のほか、果敢な仕掛けで攻撃の起点となったが……。(C) Getty Images

画像を見る

MF
6 齊藤未月 5.5

前に鋭いアプローチで相手から刈り取ること数回。持ち味は出したが、パスの精度の低さと攻撃のアイデア不足のため、攻撃面で貢献できなかった。

10 食野亮太郎 5.5(67分OUT)
常に前を向き、仕掛けたり、コンビネーションで崩そうとした。第1戦からの疲労は隠せなかったが、相手にとって危険な存在だっただけに途中交代は残念。

14 森島 司 5(86分OUT)
狭いスペースでボールを受けてターンする巧みさを見せたが、それも前半まで。後半に入ると、疲れからかボール扱いが雑になった。

16 相馬勇紀 6.5
再三に渡ってクロスを入れ、値千金のミドルシュートを突き刺した。体たらくのチームにあって、唯一気を吐いていた。

21 松本泰志 5
横パスが多く、リズムを変えたり、勝負の縦パスを出せなかった。後半は前線まで攻め上がることがあったが、最後まで怖さはなかった。

22 橋岡大樹 5.5
1試合目にフル出場したにもかかわらず、最後まで走り抜いた。攻撃のアイデアは欠いたが、83分に上田に上げたクロスは完璧だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ