世界最高のチームを短期間で完成させた名将――アンチェロッティを形成するものとは

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年12月22日

サッキほど効率性に執着せず、カペッロほど現実主義ではない。

敵を作らない穏やかな名将。パリSG入りはレオナルド(ミランとは確執がある)から要請を受けてのことだった。 (C) Getty Images

画像を見る

 ピルロの中盤最後尾での起用は、あくまでも攻撃的な布陣や戦い方を望むファンやマスコミ、シルビオ・ベルルスコーニ会長を一時的に満足させるためのもののはずだったが、ここで事態を一変させる出来事が起こる。
 
 移籍市場の最終日、フロントがアレッサンドロ・ネスタをラツィオから獲得したことを発表したのだ。イタリア最高のCBが最終ラインに控え、さらに守備力のあるセードルフ、運動量抜群のジェンナーロ・ガットゥーゾを併用することで、ピルロを中盤の底に置くことに何ら障害はなくなった。
 
 ちなみにそれ以前、ネスタ獲得を執拗にフロントに訴えていたのは、FWのインザーギである。
 
 そしてこのシーズン、ミランはファンタジー溢れるサッカーで勝利を重ね、9年ぶりにチャンピオンズ・リーグを制した。そして以降、ミランは多くのスター選手を迎えながら、新たな黄金時代を長く謳歌することとなった。
 
 06-07シーズンにも欧州制覇を果たしたアンチェロッティは、09年からは国外に飛び出し、チェルシー、パリ・サンジェルマン、そして13-14シーズンからはR・マドリーを率いて、このたびの大偉業を成し遂げたのである。
 
 その過程において、アンチェロッティは「守備が全ての基礎」という基本は守りながらも、柔軟性を持って選手起用、システム採用を行なってきた。来る者を拒まず(去る者も追わない)、持ち駒を活かしながら、最適なシステムで攻守をバランス良く機能させている。
 
 R・マドリーの今シーズンのレギュラー選手を見ると、中盤より前は全て、本来は攻撃の選手である。にもかかわらず、全選手のハードワークと的確なマークの受け渡しなどで守備の安定を保ち続けている。
 
 ミランのインザーギ監督は、理想のチームとしてR・マドリーを挙げ、「4-3-3で爆発的な攻撃を見せ、守備では瞬時に4-3-2-1や4-4-2に切り替わる」と理由を語っているが、かつての恩師はそれを短期間でスター集団に植え付けたのである。
 
 そのためには、スーパースターたちを納得させる必要があるが、ここではその性格が役立っている。どの国でも、選手からは「兄か、父親のようだ」と思わせる穏やかな人柄で、選手のモチベーションを上げるのだ。
 
 指導者としてはミランで共に過ごしたアリーゴ・サッキやファビオ・カペッロの影響を受けているようだが、サッキほど効率性ばかりを重視せず、ファビオ・カペッロほど冷徹な現実主義者ではない(ふたりとも選手との対立は多かった)。
 
 ミラン時代、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長から「我々が最も必要とするタイプの監督」と称賛され、選手からは「大切にしてくれる」と慕われたが、それはその後に率いたどのクラブでも変わっていないようだ。
 
 派手さを好むフロント、まばゆいばかりの輝きを放つスター選手たちを、一歩下がった位置から的確にコントロールし、次々にビッグタイトルをもたらす智将。歴史においても、非常に稀なタイプの指揮官は、今後もその洞察力、判断力、そして柔軟性で多くの実績を積んでいくことだろう。

【写真】レアル・マドリーの10度の欧州制覇と3度の決勝敗退
【関連記事】
CLグループステージの主役を張ったレアル・マドリー&バイエルンの今後は!?
ジダンの長男エンゾがプロデビュー! レアル・マドリーのBチームで
欧州トップ15クラブの最新スタイル【R・マドリー】シャビ・アロンソ退団の影響はむしろ守備面に
イスコとイジャラメンディ 「スペイン化」の象徴のいま【マドリー番記者】
開幕3戦で2敗を喫したシーズンはリーガで優勝できない――ジンクス破りに挑むレアル・マドリー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ