• トップ
  • ニュース一覧
  • 欧州トップ15クラブの最新スタイル【R・マドリー】シャビ・アロンソ退団の影響はむしろ守備面に

欧州トップ15クラブの最新スタイル【R・マドリー】シャビ・アロンソ退団の影響はむしろ守備面に

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年10月22日

攻守のバランスポイントをいかに見出すか。

 長く不動の司令塔として君臨してきたシャビ・アロンソの退団に伴う影響が懸念されたなか、変わらず高い攻撃力を発揮しているのは、前線のタレント力の賜物に他ならない。とりわけ、C・ロナウドとベイルの突破力を最大限に活かした高速カウンターが、相変わらずの鋭い切れ味だ。両ウイングにベンゼマが有機的に絡む即興性の高いコンビネーションからの崩しも、依然として高い機能性を誇っている。
 
 シャビ・アロンソ退団の影響が色濃く出ているのは、むしろ守備面。攻撃色の強い新司令塔のクロースは、チームのポゼッションを高めるなど攻撃の局面で真価を発揮している一方で、前任者ほど守備面での貢献が望めない。ここまで公式戦12試合で零封したゲームは4つと安定感を欠くのは、中盤のフィルター機能が低下し、S・ラモスら最終ラインにかかる負担が増大しているからだ。ディフェンス面の不安を前線の個の力で補っているのが現状だ。
 
 自慢の攻撃力はそのままに、いかに攻守のバランスポイントを見出すか。これが指揮官に課された課題だろう。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2014.11.6号)

より攻撃色が強いこのクロースがシャビ・アロンソに代わり、中盤のフィルター機能が低下。いかにバランスポイントを見出すかが今後の課題だ。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
イスコとイジャラメンディ 「スペイン化」の象徴のいま【マドリー番記者】
開幕3試合で何が見えた? 【レアル・マドリー】のスタートを番記者が診断
欧州トップ15クラブの最新スタイル【リバプール】沈黙をつづけるバロテッリを覚醒できるか
欧州トップ15クラブの最新スタイル【バルセロナ】最終ラインの構造変化と中盤のダイナミズム
欧州トップ15クラブの最新スタイル【バイエルン】駆け込み入団のシャビ・アロンソが中枢に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ