欧州トップ15クラブの最新スタイル【R・マドリー】シャビ・アロンソ退団の影響はむしろ守備面に

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年10月22日

攻守のバランスポイントをいかに見出すか。

 長く不動の司令塔として君臨してきたシャビ・アロンソの退団に伴う影響が懸念されたなか、変わらず高い攻撃力を発揮しているのは、前線のタレント力の賜物に他ならない。とりわけ、C・ロナウドとベイルの突破力を最大限に活かした高速カウンターが、相変わらずの鋭い切れ味だ。両ウイングにベンゼマが有機的に絡む即興性の高いコンビネーションからの崩しも、依然として高い機能性を誇っている。
 
 シャビ・アロンソ退団の影響が色濃く出ているのは、むしろ守備面。攻撃色の強い新司令塔のクロースは、チームのポゼッションを高めるなど攻撃の局面で真価を発揮している一方で、前任者ほど守備面での貢献が望めない。ここまで公式戦12試合で零封したゲームは4つと安定感を欠くのは、中盤のフィルター機能が低下し、S・ラモスら最終ラインにかかる負担が増大しているからだ。ディフェンス面の不安を前線の個の力で補っているのが現状だ。
 
 自慢の攻撃力はそのままに、いかに攻守のバランスポイントを見出すか。これが指揮官に課された課題だろう。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2014.11.6号)

より攻撃色が強いこのクロースがシャビ・アロンソに代わり、中盤のフィルター機能が低下。いかにバランスポイントを見出すかが今後の課題だ。 (C) Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ