世界最高のチームを短期間で完成させた名将――アンチェロッティを形成するものとは

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年12月22日

キャリアに大きな影響を与えたであろうファンタジスタの直訴。

ピルロの直訴は、自身のキャリアにも大きな影響を与えた。インテルで不遇な日々を過ごしたファンタジスタは、ここから大きく飛躍し、今なおその威光を放ち続けている。 (C) Getty Images

画像を見る

 有名なエピソードとして、パルマ監督時代の97-98シーズン前、ミランを退団したロベルト・バッジョの獲得をパルマのカリスト・タンツィ会長が進めていたものの、アンチェロッティは「守備のできないファンタジスタはいらない」と断固拒否。結局、イタリアの至宝はボローニャという優勝争いとは無縁の中規模クラブに新天地を求めた。
 
 また、現在はミランで監督を務めるフィリッポ・インザーギが96-97シーズンにレンタル先のアタランタで得点王に輝き、意気揚々とパルマに戻ってきた際、アンチェロッティは「フィジカル面が弱過ぎてうちでは使えない」と、ユベントスへ放出する決断を下している。
 
 パルマでも、ユベントスでも、そしてミランでも、とにかく守備を軸とし、堅実なプレーで勝点を稼ぐことを信条としてきた指揮官は、ファンタジーを好むファンからは嫌悪の視線を向けられ、「地味」「つまらない」と揶揄されることも多かった。しかし、確実に結果を残すことで1年後には感謝される、というのがアンチェロッティという監督だった。
 
 話をミランに戻すと、本格的に一からチーム作りを始めた02-03シーズン、ミランにはインザーギ、アンドリー・シェフチェンコ、ヨン=ダール・トマソン、ルイ・コスタ、クラレンス・セードルフ、アンドレア・ピルロといった攻撃のタレントが所属しており、さらにオフの補強で日韓ワールドカップに優勝したばかりのブラジル代表の核、リバウドを獲得していた。
 
 飽和状態の攻撃陣に比べ、守備陣が手薄という状態で、シーズン開幕前には不安要素の方が多いと見られていたミラン。アンチェロッティも最高の駒の組み合わせ(もちろん堅実でリスクが低いという意味での、だ)を探して頭を悩ませていた。
 
 ここで、おそらく後のアンチェロッティのキャリアに大きな影響を与える出来事が起こる。それは当時、若きMFピルロの直訴である。ルイ・コスタに加え、リバウドまでが加入したことで、それまでの主戦場だったトップ下で起用されるのは難しいと読んだピルロは、アンチェロッティに「僕を中盤の底で使ってください」と自ら申し出たのだ。
 
 当時、中盤の底をカバーするのは守備に長けた選手、というのが一般的な考えだった。まず守備ができて、なおかつ周囲を見渡せてコントロールできるのが理想的な“レジスタ”、“ボランチ”、“アンカー”だった。ピルロは運動量のある選手だったが、イタリア期待の若きファンタジスタといわれるように、攻撃でこそ力を発揮できる選手で、守備とは縁遠い選手と見られていた。
 
 しかし、ここでアンチェロッティはピルロの申し出を受け入れる。まず、プレシーズンマッチでミランが好調だったこともあり、様々なシステムを試す余裕があったこと、そして自身が現役時代、中盤の底でプレーしながら、時に攻撃でも重要な仕事を果たしていたことで、ピルロに可能性を見出していたこともあっただろう。
 
 その目に狂いはなく、ピルロが中盤の最後尾で攻守をコントロールするサッカーは機能した。とはいえ、アンチェロッティはこのシステムはプレシーズンだけのものとしか考えていなかった。やはり、この起用は全体のバランスを欠くものであり、実戦においては守備面の不安が拭えないと見ていたからだ。
【関連記事】
CLグループステージの主役を張ったレアル・マドリー&バイエルンの今後は!?
ジダンの長男エンゾがプロデビュー! レアル・マドリーのBチームで
欧州トップ15クラブの最新スタイル【R・マドリー】シャビ・アロンソ退団の影響はむしろ守備面に
イスコとイジャラメンディ 「スペイン化」の象徴のいま【マドリー番記者】
開幕3戦で2敗を喫したシーズンはリーガで優勝できない――ジンクス破りに挑むレアル・マドリー

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ