【J1採点&寸評】清水1-2磐田|白熱の一戦を制した磐田が残留に望みをつなぐ。50回目の静岡ダービー、MOMは…

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年11月02日

磐田――残留に望みをつなぐ勝点3を獲得

【警告】清水=エウシーニョ(45+1分) 磐田=大井(67分)、ルキアン(90+2分)、荒木(90+3分)、大久保(90+4分)
【退場】清水=ファン・ソッコ(5分)
【MAN OF THE MATCH】アダイウトン(磐田)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
磐田 6.5
降格が決まる可能性のあるなか、相手がひとり少なかった状況にも助けられ、貴重な勝点3。厳しい状況に変わりはないが。静岡ダービーで勝利をもぎ取った点は評価したい。

【磐田|採点・寸評】
GK
1 八田直樹 6.5
1失点目は味方に当たって反応が遅れるも、ドウグラスのシュートを弾くなどチームを勝利へ導くセーブはいくつかあった。

DF
3 大井健太郎 6.5
的確なカバーリングやヘディングなど、相手の攻撃をブロック。ピンチになる前にファウルで止めるしたたかなプレーも。

24 小川大貴 5.5(82分OUT
相手陣内の奥深くまでえぐるプレーはなく、パス交換で呼吸が合わないことも多かった。闘志を前面には押し出してはいたが……。

33 藤田義明 6
前半終了間際に目のあたりを気にしていたが、フル出場。ドウグラス相手にスライディングでインターセプトするなど随所に守備能力の高さを見せた。
 

MF
13 宮崎智彦 6
崩されたシーンはほぼなく、攻撃でも左サイドを藤川やアダイウトンらと連係して主導権を握った。目立ちはしないが、勝利へ大きく貢献した

14 松本昌也 5.5
単独で突破するドリブルは限られ、味方と呼吸の合わないパス交換もいくつか。連係面は向上の余地ありか。

MAN OF THE MATCH
15 アダイウトン 6.5(90+1分OUT
スタートは2トップの一角も、やや左サイドに張ってプレーし、スピードのあるドリブルで相手の脅威になり続けた。86分にはルキアンとのパス交換から得点を奪い、この日の最大殊勲者に。
 
23 山本康裕 6
欲を言えばゴール前に顔を出す機会をもう少し増やしたかったが、中距離のパスの精度は高く、チームのボール回しには必ず顔を出した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ