【セルジオ越後】スリル満点のルヴァン杯決勝戦。2得点の小林やMVP新井よりも称えたいのは…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月26日

初優勝のフロンターレも一発勝負の怖さを思い知らされた

5度目のファイナル挑戦でついに初優勝を果たした川崎。粘る札幌をPK戦で振り切った。写真:田中研治

画像を見る

 ルヴァンカップ決勝はフロンターレに軍配が上がったけど、本当に最後まで流れが行ったり来たりの白熱したシーソーゲームだったね。3-3となった120分間の戦いはもとより、PK戦もコンサドーレがあと一歩まで追い詰めながら、フロンターレが土壇場でGK新井のふたつのビッグセーブで息を吹き返して逆転するというスリル満点の展開だった。観ている方には十分に楽しめるドラマチックな試合だったよ。

 地力としてはフロンターレのほうが上だったけど、前半の立ち上がりはコンサドーレに勢いがあった。その流れのままに先制したところまでは良かったけど、そこから少しペースダウンして引いてしまった。フロンターレ相手にあの時間から引いて守り切るのはやっぱり難しい。前後半の終盤にそれぞれ1点ずつ取られて、勝ち越しゴールが決まった時にはこのままフロンターレで決まりかなと思ったほどだ。

 ただ、フロンターレも一発勝負の怖さを思い知らされたよね。土壇場でセットプレーから追いつかれ、さらに延長に入って再びセットプレーで勝ち越しゴールを許してしまう。しかも谷口が一発退場となってしまった。

 ひとり少なくなってそのままコンサドーレに行きかねない流れを、フロンターレもセットプレーから小林のゴールで引き戻したね。フロンターレは10人になってもパスやドリブルで局面を打開できる選手が多いから、そこまで押し込まれることはなかったし、訪れたチャンスをしっかりモノにした印象だ。途中出場から2点を挙げた小林は、さすがの働きぶりを示したよ。

 MVPは大抵、ゴールを決めた選手に贈られることが多いけど、今回はGKの新井に決まったね。最後は絶体絶命の場面からふたつ止めたわけだから、3失点したとはいえ、ここは納得の選出だよ。

 リーグ戦ではなかなか調子が出ないまま終盤戦まで来てしまったフロンターレだけど、今回はファイナル5度目の挑戦で初優勝を飾った。これを弾みにして、リーグ終盤戦にどんな影響を与えるのかも、今後の見どころかもしれないね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ