【J1採点&寸評】FC東京0-1広島|MOMは決勝弾の広島のアタッカー!敗れたFC東京も高採点だった好ゲーム

カテゴリ:Jリーグ

後藤勝

2019年08月18日

広島ーー柏の今季7点目が決勝点に

【警告】FC東京=D・オリヴェイラ(45+2分)、東(70分)、ジャエル(73分) 広島=なし
【退場】FC東京=なし 広島=なし
【MAN OF THE MATCH】柏好文(広島)

画像を見る


【チーム採点・寸評】
広島 8

ボールを支配し、迫力ある守備で完封。首位を相手にしての快勝は大きな自信になる。GK大迫をはじめ伸びしろを感じさせる一戦となった。
 
【広島|採点・寸評】
GK
38 大迫敬介 7

被決定機が少なく、ビルドアップなど攻撃面で貢献が目立った。ただシュートストップやクロス対応でも高い身体能力で余裕のある守備を見せた。

DF
2 野上結貴 6.5

3バックの両端に必要な攻撃参加を丁寧にこなし、広島のボール支配率を高めた。フィード、足もとにつけるパスともによし。

23 荒木隼人 6
唯一の185センチ級DFとしてFC東京の前に立ちふさがった。ただ33分、D・オリヴェイラに引っ掛けてしまったパスのようなミスは減らしたい。

19 佐々木翔 6
かつて甲府で城福監督に師事したときと同様、現在3バックの一角を担っている。この試合でも攻守によく連動した。

MF
44 ハイネル 6.5(77分OUT)

激しいフィジカルコンタクトでピッチに倒れ込む場面もあったが、右ウイングバックでのハードワークで首位相手によく戦った。

15 稲垣 祥 6.5
前と後ろをつなぎそれでいて動きすぎない、広島におけるボランチの役目をよくこなした。得点場面でもパスの連携に関与。

40 川辺 駿 7
ボランチでもそつなくプレーしていたが、途中からシャドーの位置に出て本領発揮。前後左右に躍動してFC東京を大きく揺さぶった。

MAN OF THE MATCH
18 柏 好文 7.5

まさにスーパーエースの活躍。チーム内得点王らしく豪快に決めた今シーズン7点目の決勝ゴールはチーム全体とゴール裏を鼓舞するに十分だった。
【関連記事】
【FC東京×仙台】結果的に決勝点…。PKのやり直しは妥当だったのか
久保建英のレアル移籍が契機に!? 初優勝へ向けFC東京が手にした健全なるバランス
浅野拓磨の弟・雄也が広島へ完全移籍!「兄に負けないような活躍を見せたい」今季は引き続き水戸でプレー
【広島】敵は脱帽し、味方も称賛…ゲームを変えた青山敏弘の影響力は、あまりにも絶大だった
Jリーグが「ユース出身選手」ベストイレブンを紹介!今季デビューの広島・守護神からG大阪の“史上最高傑作”まで揃い踏み!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ