【J1採点&寸評】磐田1-3浦和|2年ぶりJ復帰の関根が躍動!阿吽の呼吸を見せた長澤も高評価

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月21日

浦和――橋岡は斜めのランニングでゴールにも関与

【警告】磐田=なし 浦和=柴戸(76・85分)
【退場】磐田=なし 浦和=柴戸(85分)
【MAN OF THE MATCH】関根貴大(浦和)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
相手の圧力がほとんどなかったこともあり、ボールとペースを握った。ビルドアップからフィニッシュまでテンポ良く繋ぎ、くさびからワイドに展開し相手を広げ、後方から次々に飛び出して背後を突く攻めで守備を崩し前半に3得点。後半はカウンター狙い。追加点はならなかったが、10人の終盤も集中して反撃を跳ね返し完勝。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
失点はノーチャンス。安定感あり、59分、71分、89分と後半3回のファインセーブで勝利に貢献した。
 
DF
31 岩波拓也 6
相手FW、シャドーもよく潰し危なげない守りを披露。終盤もチェックの出足は衰えなかった。
 
2 マウリシオ 6
ラインコントロールも含めて、90分間安定感のあるプレーを続けていた。アダイウトンも素早くケア。
 

5 槙野智章 
終盤相手が反撃に出て押し込まれる中、集中を切らさず身体を張り続けてゴールを守った。
 
27 橋岡大樹 6.5
逆サイドとのバランスも見ながらサイドの裏やペナルティエリアに斜めに走り込み相手守備を攪乱。先制点の起点になり、自らもゴールを挙げる。
 
MF
16 青木拓也 6
速いチェックで相手の中盤を機能不全に陥れ、正確なパスで攻撃を演出。余裕を感じさせるプレーを見せた。
 
29 柴戸 海 6
ボールキープと粘り強い守備で浦和ペースを支える。85分に2枚目のイエローを受けて退場になったがジャッジは微妙。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ