“誤審ゴール”に浦和指揮官は憤りを隠さず…「サッカーの中身の話をすればいいのかどうかすら分からない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月13日

「テレビを見ている人がどう感じたか分からないが…」

大槻監督の猛抗議も実らず…二転三転の末に横浜のゴールが認められた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜F・マリノスに1-3で敗れたJ1リーグ19節後のフラッシュインタビューで、浦和レッズの大槻毅監督が複雑な胸の内を明かした。
 
「あまりしゃべることがない。なかなか難しいゲームでした」
 
 憮然とした表情でそう語ったのは、ジャッジへの不信感があったからだろう。
 
 問題のシーンは、浦和が1点ビハインドで迎えた59分に起きた。横浜の遠藤渓太がエジガル・ジュニオとのワンツーでペナルティエリア内に侵入し、右足を振り抜く。このシュートが仲川輝人に当たり、ネットを揺らした。映像で振り返る限り、仲川は明らかにオフサイドポジションにおり、一時は松尾一主審もこれを認めてゴールを取り消した。しかし、主審はその後に両監督を呼んで事情を説明し、判定を差し戻して横浜の2点リードで試合を再開させたのだ。

 実に9分間も試合が中断したあげく、明らかなオフサイドが認められずにゴールと判定されたのだから、不満に思うのも当然だろう。
 
「サッカーの中身の話をすればいいのかどうかすら分からない。選手は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。僕はテレビを見ている人がどう感じたか分からないが、我々の選手に関してはベンチから見ていても誇らしかった。ただ、結果に関しては残念だったということです」
 
 そう絞り出した指揮官は、「我々は次に向かってまた頑張るだけです」と気丈に語ってインタビューを締めた。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ