「もうクボ中毒だ!」「ベストプレーヤーだった」久保建英の鮮烈デビューに現地ファン興奮!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月21日

後半頭から出場し、45分間プレー

バイエルン戦でデビューを飾った久保。上々のパフォーマンスだった。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーは現地時間7月20日、アメリカ・ヒューストンで行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)の初戦で、バイエルンに1-3で敗れた。

 前半は、新加入のエデン・アザールなど、現状のベストメンバーを送り出したものの、カリム・ベンゼマが決定機を逃すなど無得点。15分には左サイドを崩され、コランタン・トリソに先制ゴールを許した。

 すると、1点をリードされて迎えた後半頭からスタメン11人を総入れ替え。日本代表MF久保建英もトニ・クロースに代わってピッチに立ち、マドリーでの実戦デビューを飾った。

 ニ列目には入った久保は、いきなり鋭いドリブル突破でふたりをかわすなど、ドイツ王者を相手に堂々たるプレーを披露。試合は敗れたとはいえ、随所に輝きを放った18歳の姿にファンは興奮し、マドリーの公式ツイッターには、次のようなメッセージが寄せられている。

「クボは思った以上に良かった」
「この試合のベストプレーヤーだった」
「もうクボ中毒だ」
「モチベーションが高かったのはアザール、クボ、ロドリゴだけ」
「クボは偉大なプレーヤーだ」

 ファンからの評価も上々だった久保。23日のアーセナル戦、27日のアトレティコ・マドリー戦ではどんなプレーを見せてくれるのか。期待は高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ