【連載・東京2020】神谷優太/前編「プロになるのは当然。その先を見据えていた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年07月18日

成長を実感できなくなった高2時代

小学生の時に柴崎(10番)と椎名(7番)という青森山田のボランチコンビに衝撃を受ける。「当時の僕にとってスーパースターだった」。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――柴崎選手、椎名選手の2ボランチはかなり凄かったですよね。
「もう本当に度肝を抜かれました。当時の僕にとってスーパースターでした」
 
――自分もそうなりたいと。
「そうです」
 
――ユースに上がるタイミングにも青森山田高への進学を考えたんですよね? その時にいかなかった理由は?
「親に反対されたんです。『チームのことを考えて。ユースに上がれなかった選手の分まで頑張らないといけないんじゃないの』と」
 
――高校時代からプロは目指していた?
「もちろんです。ヴェルディでプロになるのが理想でしたけど、ユースからトップに上がった選手でも試合に出られるのはほんのひと握りだったので、難しさを感じていました」
 
――でも逆にヴェルディにいたほうがプロになりやすかったかもしれないですよね。
「その差はあまり考えていなかったです。ヴェルディにいても、青森山田にいっても、プロにはなれると思っていたので」
 
――プロになる自信はあったから、過程はどっちでもいいと。
「そうです。大事になのはプロになってから。ヴェルディにいたままでは、プロに上がった時に大成できないんじゃないかなという不安があった。当時は、ヴェルディのトップチームに上がったとしても、練習だけこなして、なかなか試合に出れないイメージしか沸かなかったんですよね」
 
――青森山田高を選んだのは、山形出身というのも関係している?
「あまり関係ないです。青森は山形と比べものにならないくらいの豪雪地帯なので。でも、だからこそ、そういう厳しい環境にいったらまたひと回り成長できるのかなって」
 
――とはいえ高校の途中でチームを変えるのは、かなり悩んだのでは?
「それは間違いありません。ヴェルディユースでの1年目はクラブユース選手権も、Jユースカップも、プレミアリーグでも試合に出ていました。ただ高2で結果が出ずにベンチで燻っていたんです。ヴェルディを出たのは、それが嫌だったのもあります。成長している実感がなくなっていったんですよね」
 
――なぜ高2で出れなくなってしまった?
「きっかけは東京国体でした。点を取ったり活躍して、チームを優勝に導いた。ただ、それでちょっと有名になったせいで、天狗になってしまったんです……」
 
――それを監督に見透かされていた?
「というよりも、それに自分自身が満足してしまったところはあります。慢心してしまって、結果がついてこなくなってしまったんです」
 
――そこを変えたいと?
「はい、どん底まで落ちたと思いました。もう下がることはないので、上がるだけだなと」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ