【セルジオ越後】南米王者に完全な力負け。準備不足の"東京五輪代表"はチームの骨格すら見えなかった

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月18日

スアレスとカバーニの両ストライカーは、まさに半端じゃない。

 ウルグアイはおそらくグループ突破を決めに来る。日本戦に勝てば、3試合目は消化試合になるからね。優勝を狙っているチームだから、3試合目はメンバーを温存したいという気持ちも働くはずだ。
 
 ウルグアイの初戦を見ると、空中戦が強くセットプレーは威力十分。スアレスとカバーニの両ストライカーは、まさに半端じゃない。それに比べるとディフェンス陣はちょっと重い感じがするから、日本は上手くスピードを活かしてカウンターを狙いたいね。

 ポルト・アレグレはウルグアイから車で来られる距離にあるので、次の試合は完全アウェーの雰囲気で戦うことになるだろう。広いブラジルでは移動が大変だし、時間もないから、ちょっとコンディショニングをして次の試合に挑むことになる。そこで状態を見極めて、どんな選手を起用するかは指揮官の腕の見せ所だ。森保監督の手腕が問われることになるね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ