「クボの素晴らしき日々の幕開け」「チリには何の混乱もなかった」スペイン紙は久保建英の先発デビューを祝福。森保Jの戦いぶりは酷評

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月18日

「ウエダはチリのベストフレンドだった」とも…

チリ戦で先発出場。90分戦い抜いた久保の姿に、スペイン紙は称賛を送っている。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月17日、ブラジルで開催されているコパ・アメリカの日本対チリがサンパウロのモルンビー・スタジアムで行なわれ、日本は0-4で敗れた。

 スペイン全国紙『MARCA』は、久保建英の先発A代表デビューを「久保にとって素晴らしい日々」と、大々的に報じている。

「2週間前まで17歳だった久保建英は6月4日に18歳となり、メモリアルな時間を過ごしている。この間、彼はA代表デビューを飾り、レアル・マドリーと5年間の契約を結び、ブラジルの地で初の先発に名を連ねた。きっとこの2週間は、彼にとって忘れられないものになったはずだ。

 試合中に彼が随所に見せたプレーは、久保が最も高いレベルの舞台でプレーする準備ができていることを、森保一監督に確信させただろう。日本の21番を知らなかった、チリ人を含む約2万人のファンに対して、65分にはゴール前で華麗に踊り、サイドネットの外側に突き刺すシュートを放った。チリとの差を埋めるためのチャンスを逸して彼は悔しがっていたが、強烈な印象を残した。90分を終えて、最後に疲れもみせていたが、この大会は、彼にとって始まりに過ぎない」

 こうして久保の存在感に拍手を送る一方、日本の戦いぶりについてはシビアに評している。

「チリは何の混乱もなく初戦を終えることができた。日本にチャンスはあった。1点を奪われた後、チリの最終ラインのミスから上田が飛び出し、ボールを奪って運ぶシーンは確かなチャンスだった。しかし彼のドリブルはたわみ、チャレンジは失敗に終わった。上田はある意味、チリのベストフレンドだった。

 日本のプレーヤーたちはハーフタイムを経てもパターンに変化はなく、結果も変わらなかった。チリに2点を奪われた際、日本にはほとんど選択肢がなかった。上田はその後も好機を外していたが、日本が敗北した理由は、それだけではない。日本が点を取るために前がかりになったところを、チリは見逃さなかった。すかさずゴールを狙ったアレクシス・サンチェス、そして2ゴールを奪ったエドゥアルド・バルガスのほうが上手だったのだ」

 ブラジルの地でまずは完敗を喫した若き日本代表。次なるウルグアイとの対戦で、どこまで成長した姿を見せられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本0-4チリ|コパ・アメリカ初戦は南米王者に4失点の大敗。再三の決定機を決め切れず…
【関連記事】
【チリ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本0-4チリ|採点&寸評】柴崎、中島は奮闘するも…久保ら期待のアタッカーは不発
「経験の差が歴然!」「クボは巨大な才能」チリ戦大敗の日本代表を地元メディアはどう見た?
「チリ代表は幽霊だった」「分単位でとどめを刺された」U-22日本が衝撃の6発圧勝! チリメディアは呆然…
「予想以上の大差での敗戦」キャプテンの柴崎岳はチリ戦の大敗に何を思ったか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ