チリ戦で久保建英が悔いたワンプレー「言い訳をすると…」【コパ・アメリカ】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月18日

「何も考えずに抜けるところがある」

日本はチリに0-4で敗戦。久保も無得点に終わった。(C)Getty Images

画像を見る

[コパ・アメリカ/グループリーグ第1戦]日本 0-4 チリ/6月17日/エスタジオ・ド・モルンビー
 
 コパ・アメリカの初戦でチリと対戦した日本は、41分にセットプレーから先制を許すと、その後もチリの攻撃を食い止められずに、0-4と完敗を喫した。
 
「点を取れなかったですし、向こうは決定的なチャンスを決めてきたのに対し、自分たちはチャンスがありながら決められなかった。決め切れずに点差を広げられてしまいました」
 
 そうゲームを振り返るのは、先日のエルサルバドル戦でA代表デビューを飾り、この日は初先発を果たした久保建英だ。
 
 久保が最も悔いたのは64分のシーンだ。得意のドリブルで相手エリア内を突破したが、シュートは右のサイドネットに阻まれた。
 
「劣勢になっている時にリミッターが外れるじゃないですが、何も考えずに抜けるところがある。言い訳をするとボールがちょっとずれちゃって、ファーに打てば良かったんですが、今思っても悔しいです。0-2の状況でしたし、決めていればこっちの時間帯にできたかもしれないので後悔しています」
 
 フル出場を果たした久保だが、チームを救うゴールを奪えず。グループリーグでは今後、ウルグアイとエクアドルと対戦するが、この日の反省を活かして結果を残したい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本0-4チリ|コパ・アメリカ初戦は南米王者に4失点の大敗。再三の決定機を決め切れず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ