【セルジオ越後】南米王者に完全な力負け。準備不足の"東京五輪代表"はチームの骨格すら見えなかった

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月18日

中島は自分のカラーを出そうとしていた印象を受けたけど…

チリに圧倒された日本代表。柴崎(7番)も本来のパフォーマンスを見せられなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 まさに完敗だったね。南米王者・チリを相手に、日本がどこまで頑張れるかが焦点の試合だったけど、チリがちょっと本気を出したら完全に飲み込まれた。2点差がついてから相手にミスが出て日本にもチャンスが来たけど、そこからチリが交代でフレッシュな選手を出して来たら、さらに2点を追加された。1対1での力の差や決定力、ボールの運び方も数段違ったよね。一人ひとりが単独で何とかしようとする日本に対して、チリは攻撃の形がしっかりしていて、両サイドから崩そうというチームの意図もうかがえた。あらゆる面で差があったよ。
 
 勝負がかかった時の強豪国は、やっぱり強い。親善試合で日本に来る時とは一味違うよね。チリはコパ・アメリカを連覇したメンバーも残っていて、もう何年も一緒に代表でプレーしている選手ばかり。まさにベテラン揃いだから。そのあたりの経験値の差がハッキリ出たよ。
 
 まあ、日本は拘束力がない関係で東京五輪世代を中心としたチームで挑んだから、ほとんどぶっつけ本番だった。準備不足は明らかで、「なぜキリンチャレンジでテストしなかったのか」と悔いが残るよ。拘束力があるキリンチャレンジで”主力”を呼んでおきたかったのは分かるけど、やっぱりコパ・アメリカに挑むチームの練度を少しでも上げておくべきだったんじゃないかな。

 選手個々のパフォーマンスについて言えば、中島は前半の立ち上がりにドリブルで持ち込んだりして、自分のカラーを出そうとしていた印象を受けた。上田は決定機に絡んでいたけど、最後の局面に顔を出すのは彼くらいしかいないので必然的にチャンスは増えるよね。2列目から飛び込むようなターゲットはいなかったから。それに、日本の両サイドバックは攻撃に関われなかった。原や杉岡が外から出ていく展開は、ほとんどなかったでしょ? ボランチの中山も含めて、ただただ守っていた。それで前半の終了間際に点を取られたから、チームとして用意していた「耐える」というプランも崩れてしまった。
 
 キリンチャレンジに続いて出場した柴崎にしても、フリーなゾーンではパスは回せるけど、勝負所には入っていけない。決定的なパスを出せたのは、一度だけかな。やっぱり、所属クラブで出場機会を得られていないのが響いているんだろう。久保もところどころでは良いプレーがあったけど、90分を通してインパクトを残せたかと言えば、そうではなかったね。結局、ゴールに絡む仕事はできていない。大きな注目が集まっていたけど、まだ世界との差があるというのが身に染みて分かったと思う。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ