【J1採点&寸評】鳥栖3-1G大阪|MOMは2得点に絡んだクエンカ!ガンバは軒並み低評価に

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年05月11日

G大阪――3失点を喫した東口は……。

【警告】鳥栖=なし G大阪=キム・ヨングォン(44分)、ファン・ウィジョ(50分)、アデミウソン(55分)
【退場】鳥栖=なし G大阪=なし
【MAN OF THE MATCH】イサック・クエンカ(鳥栖)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
G大阪 4.5
攻撃で上手く連係できず、奪った得点は食野の個人技による1ゴールのみ。守備ではルーズボールを相手に何度も拾われ、3失点を喫した。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 4.5
背中にいたクエンカのマークをつかせることもなく、セットプレーで憶測を誤って失点。味方との連係などで、先制点は防ぎようがあっただろう。
 
DF
14 米倉恒貴 5(77分OUT)
マッチアップしたクエンカに翻弄された印象。マークの受け渡しも含め、ゲーム中に改善をしたかった。
 
13 菅沼駿哉 5
厳しいディフェンスは評価したいが、クリアを味方につなげられるようなクオリティの高さはない。イージーなミスでピンチを招くことも数回あった。

19 キム・ヨングォン 5
競り合いで強さを発揮し、ハイボールをことごとく跳ね返した。だが、フラストレーションを溜めた44分の警告は、非常にもったいない。
 
22 オ・ジェソク 5.5(71分OUT)
1対1で負けることは少なく、守備は安定していた。左サイドからの攻撃参加は相手に止められた。
 
MF
15 今野泰幸 5.5
中盤のバランスを意識し、上手くバイタルエリアを埋めていた。だが、ホームで後押しを受ける相手の方が、よく動き回ってルーズボールを拾っていた。
 
10 倉田 秋 5.5
ボランチで攻撃を組み立てていたが、無難なプレーに終始した。パスよりドリブルで運ばれた方が、よっぽど相手は嫌だったのではないか。
 
7 遠藤保仁 5(HT OUT)
敵の激しいチャージに苦戦し、パスミスなどによるボールロストが目についた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ