宮本監督が言う「ガンバがここ数年抱える」問題。中盤の組み合わせはどうするべきか

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年04月15日

「コンちゃん(今野)も今シーズンは足首の状態が100パーセントではなかった」

浦和戦で先発復帰した今野だが、チームを勝利に導けなかった。写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「そのポジションは今に始まったことではなくて、ガンバがここ数年抱えている、どうしていくんだという部分だと思います。もちろん、彼らが万全で、パフォーマンスが良い状態であれば起用したいですが、いろんなことも加味してやらないといけないと思います」
 
 0-1で浦和に敗れた試合後、G大阪の宮本恒靖監督は今野泰幸と遠藤保仁を起用したダブルボランチについて、こう述べた。
 
「レッズに対して、彼らの持つコンビネーションや経験で、中盤を上手く支配できたところもあったと思います」
 
 指揮官がそう言って評価する通り、浦和戦で今野と遠藤のボランチコンビは中盤をコントロールできていた。守勢の時間帯があったなかでも、7失点を喫したここ2試合とは変わり、手堅いゲーム運びをしていた。流れのなかでは決定的なピンチも少なく、失点もセットプレーからだ。

 ただ、これまでは「コンちゃん(今野)も今シーズンは足首の状態が100パーセントではなかった」(宮本監督)。加えて数年先も見据えるならば、遠藤の39歳という年齢も考慮しなければならないだろう。そのためボランチは様々な組み合わせが試されたが、最も可能性があったのは、1-0で川崎を下した倉田秋と高宇洋のダブルボランチだ。
 
 豊富なスタミナを誇るこの2枚は、マークに対して激しくプレスをかけるだけでなく、ボール奪取後もそのまま攻撃参加し、ショートカウンターを見事に体現。川崎戦の勝利に続き、2-0でリードした神戸戦の前半までは素晴らしい出来だった。
 
 しかし、縦への傾向が強くなりすぎて、コントロールが効かなくなり、神戸戦は3-4で逆転負け。続く広島戦も倉田と高のボランチコンビでスタートしたが、序盤に2失点して、結果的に0-3で敗れている。
 
 得点ができても失点が増えた状況を受けて、浦和戦では遠藤と今野のダブルボランチにしたのだろう。だが、堅実な試合運びができたとはいえ、ノーゴールに終わった。
 
 様々な中盤の組み合わせを試した影響で、戦い方の指針が極端に振れ過ぎている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ