【J1採点&寸評】仙台0-0浦和|より前向きだったのは仙台。浦和はゼロックス杯からの悪い流れを変えられず…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月23日

浦和――守備陣は及第点以上の出来だったが…

【警告】仙台=平岡(57分)、兵藤(60分) 浦和=宇賀神(43分)、岩波(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】大岩一貴(仙台)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 5
先週のゼロックス杯の時よりはボールを持つ時間は長かったが、ゴール前で脅威となるプレーが少なく、シュート数で仙台を下回り、消化不良の内容。
 
【浦和|採点・寸評】 
GK
1 西川周作 6.5
ピンチの場面でも終始落ち着いて良いポジションを取れており、正面でボールを受ける場面が多かった。無失点で試合を終えた。
 
DF
31 岩波拓也 6.5
対人守備の強さを見せただけでなく、前方への縦パスの精度が高く、攻撃の起点として存在感を発揮。攻撃の選手がもっとそのパスを生かしたかったが……。
 
2 マウリシオ 6.5
長沢との競り合いでも強さを見せ、クロスボールへの対応も的確。3バックをしっかりと統率し、失点を許さなかった。
 
5 槙野智章 6.5
R・ロペスとのマッチアップに序盤は手こずった部分もあったが、徐々に粘り強い対応ができるようになり、うまく抑え込むことに成功した。
 
MF
3 宇賀神友弥 5.5
クロスから何回か決定機を作ったが、ゴールにはつながらず。守備は安定していたが、後半は関口の突破を許す場面も。
 
8 エヴェルトン 5.5
ゼロックス杯時よりチームにフィットし、後半は決定機を演出するプレーもあったが、積極的に攻撃に関与する回数をもっと増やしたい。
 
7 長澤和輝 5.5(73分OUT)
前半から仙台が作るギャップに入り込み、決定機を作ることができたが、あと一歩でゴールにつなげられなかった。
 
10 柏木陽介 6
守備では身体を張り、攻撃でも精度の高いパスで決定機を作り出すなど、キャプテンとしての仕事は全うした。試合終盤ゴール前でフリーとなった場面で、シュートを決め切りたかった。

6 山中亮輔 5.5
後半縦に突破して決定機に絡むプレーがあったが、横浜時代のように中へ入ってゲームメイクするような動きはなく。普通の左WBとして起用するのはもったいない印象。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ