【J1順位予想|解説者11人の総まとめ】"3強"による覇権争い!注目の神戸を推す声もあったが…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月23日

川崎の"3連覇"を7人が予想

3連覇を狙う川崎を筆頭に、浦和、鹿島と総合力の高いチームがトップ3を占めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 監督経験者や元日本代表選手が今季を占う恒例企画「J1順位予想」。今年も、横浜Mで監督を務めた清水秀彦氏や、日本代表戦の解説でお馴染みの松木安太郎氏など、11名の解説者に予想をお願いした。全11人の予想をポイント化してランキングした注目の集計結果をお届けする。
 
●解説者11名
清水秀彦(元横浜M監督ほか)、早野宏史(元横浜監督ほか)、松木安太郎(元V川崎監督ほか)、三浦俊也(元大宮監督ほか)、三浦泰年(元鹿児島監督ほか)、小島伸幸(元平塚ほか)、秋田豊(元鹿島ほか)、名良橋晃(元鹿島ほか)、岩本輝雄(元平塚ほか)、中西永輔(元市原ほか)、福西崇史(元磐田ほか)※敬称略
 
●ポイントの算出方法
1位のチームに18ポイント、2位に17ポイント、3位に16ポイント~(中略)~16位に3ポイント、17位に2ポイント、18位に1ポイントと順位に応じたポイントを付けて、チームごとに合算して「総合ポイント」とした。

 
 解説者11名の「総合ポイントランキング」は以下のとおりだ。
 
 ■総合ポイントランキング■
順位 クラブ名 総合ポイント
1位 川崎 193pts.
2位 浦和 182 pts.
3位 鹿島 179 pts.
―▲ACL出場圏内―
4位 神戸 149 pts.
5位 FC東京 146 pts.
6位 札幌 137 pts.
7位 G大阪 127 pts.
8位 広島 124 pts.
9位 名古屋 108 pts.
10位 清水 94 pts.
11位 C大阪 88 pts.
12位 横浜 77 pts.
13位 仙台 67 pts.
14位 湘南 64 pts.
15位 磐田 61 pts.
-▼J1参入プレーオフ出場圏内-
16位 鳥栖 38 pts.
-▼自動降格圏内―
17位 大分 26 pts.
18位 松本 21 pts.

 優勝の本命に挙げられたのが、J1連覇中の王者・川崎だ。「もともと爆発力があるうえに、選手層を厚くしてあまり穴が見つからない」と評した清水氏や「攻撃の完成度が抜きんでている」という中西氏をはじめ、早野氏や秋田氏など7人が1位に選出した。
 
 この川崎と9ポイント差の2位に入ったのが浦和で、こちらは名良橋氏と岩本氏が1位に推し、松木氏を除く10人が3位以上に入ると予想している。ゼロックス杯では川崎に敗れたものの、「杉本などを獲得し、戦力アップに成功した」(名良橋氏)点が評価につながったようだ。
 
 また、3番人気の鹿島も浦和との差はわずかに3ポイント。昌子源(→トゥールーズ)、西大伍(→神戸)ら主力が引き抜かれ、大黒柱の小笠原満男が引退したにも関わらず、「ACL優勝で確かな自信を得た」(小島氏)といったポジティブな声が聞かれたのは、積み重ねてきた歴史と総合力の高さゆえか。
 
 元スペイン代表のFWビジャを獲得して注目を集める神戸は4位に入ったが、鹿島に30ポイント差と水を開けられた。この結果を見る限り、11人の解説陣は川崎、浦和、鹿島の3チームを中心に優勝争いが繰り広げられると予想しているようだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ