【福西崇史のJ1順位予想】川崎、浦和、鹿島を上位に予想。FC東京も力はある

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年02月19日

本来のチーム力とは違う側面が影響して順位が決まるのではないか

ゼロックス杯では川崎に軍配が上がったが、果たしてリーグ戦ではどうなる? 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月22日に、いよいよ今季のJ1リーグが幕を開ける。群雄割拠の2019年シーズンを制するのはどのチームか。Jリーグで監督、選手として活躍した解説者陣に今季の順位を予想してもらった。

●福西崇史(元磐田ほか)
 本当に拮抗していると思う。怪我人や警告累積による欠場など、ある意味、本来のチーム力とは違う側面が影響して順位が決まるのではないか。そのなかでも、土台がしっかりしている川崎、浦和、鹿島が上位に来ると予想。個々のポテンシャルが高いFC東京も力はあると見る。
 

●順位予想
1位:川崎
2位:浦和
3位:鹿島
―▲ACL出場圏内―
4位:FC東京
5位:神戸
6位:名古屋
7位:広島
8位:札幌
9位:G大阪
10位:C大阪
11位:清水
12位:横浜
13位:磐田
14位:鳥栖
15位:湘南
-▼J1参入プレーオフ出場圏内-
16位:大分
-▼自動降格圏内―
17位:仙台
18位:松本
【関連記事】
【秋田豊のJ1順位予想】戦力アップした川崎が3連覇。主力退団のC大阪は苦しむか
【平畠啓史のJ1順位予想】外国籍枠の拡大が順位に影響しそう。夏のマーケットも鍵か
【岩本輝雄のJ1順位予想】タレント充実の浦和が優勝しそう。川崎は新助っ人次第か
J1最新版「推定市場価格ランキング」トップ50! 新助っ人や森保J国内組の評価額は──
【セルジオ越後】Jの注目は大迫の代役争い!ゼロックス杯なら杉本は落第、小林はまずまず

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ