英誌の熟練記者が指南する「中島翔哉がプレミアリーグで輝くための3か条」

カテゴリ:海外日本人

マイケル・プラストウ

2018年12月13日

中心的な役割さえ担える。わたしはかなり楽観的だ

局面を打開するドリブルが魅力の中島だが、それもレパートリーのひとつに過ぎない。ゴールを創出するためのあらゆる技巧に長ける。(C)Getty Images

画像を見る

 わたしが中島の活躍を楽観視しているのは、彼が単なるドリブラーの枠に収まっていないからだ。

 無論、みずから仕掛けて相手ディフェンス網に風穴を開けるプレーはお手の物だが、局面局面で最適解を見つけ出し、ゴールに直結するパスやクロス、ランニングができるセンスを持ち合わせている。惚れ惚れするほどだ。

 もちろんウルブスも、中島を「一線級のドリブラー」という観点でのみ評価しているわけではないだろう。いくらその個性が武器としてハイレベルでも、それだけでプレミアの名だたるディフェンダーたちと渡り合えるはずがない。その点、中島は視野がとても広く、パスやシュートの精度はもとより、状況判断が迅速で正確。仲間の個性を最大限に引き出す能力がずば抜けていて、ドリブルは数あるレパートリーのひとつに過ぎないのだ。

 
 あとは、一日も早くサポーターを味方に付けること、彼らのアイドルになることだ。

 プレミアのファンは、冒険的で意外性のあるプレーをより好む。思いもよらない位置から放つミドルシュートや、即興的な閃きで敵をかく乱する中島が、もっとも得意とするところだろう。遠慮せずにそうしたプレーを存分に披露すれば、おのずと支持を得られるはずだ。ゲームをワンプレーで一変させる力を持っている。チームメイトも必然的に、中島にボールを集めるようになるはずだ。

 いまだウルブス入団は噂の域を脱しないし、正式発表があるまでなにが起こるか分からないのがフットボールの世界だ。ただ、中島翔哉とウルブスの愛称はすこぶる良い、それだけは断言できる。中心的な役割さえ担えるのではないか。わたしはかなり楽観的だ。

――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――

著者プロフィール
マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ