マンCの「チームアタック」に不可欠なGK、SB、アンカーの機能は?

カテゴリ:メガクラブ

ロベルト・ロッシ

2018年11月08日

ウォーカーは「偽のSB」として機能する。

ポジションを柔軟に変えるウォーカーは組み立てで高い貢献を見せる。写真:Getty Images

画像を見る

 マンCのビルドアップにおいては、左右のSBが担う役割も、通常とは異なっている。グアルディオラは、試合によって起用するCBの枚数を変えるだけでなく、同じ4バック(2CB+2SB)でも相手のプレスの枚数によって攻撃時の陣形を柔軟に変える。その中で、一種の調整弁的な役割を果たしているのが右SBのカイル・ウォーカーだ。
 
 ウォーカーは強靭な体格と優れた走力を最大の武器とするフィジカルなSBだが、右足のテクニック、攻撃を組み立てるプレービジョンとタイミングの感覚も水準以上。グアルディオラはそこに着目し、バイエルンでフィリップ・ラームやヨシュア・キミッヒが担っていた「偽SB」の役割を委ねているのだ。
 
 ビルドアップ時に2+3の陣形を取る場合には、ワイドに開いたまま最初から高めの位置を取って、アンカーのフェルナンジーニョ、左SBのメンディと共に「3」の一角を担う。一方、3+2の陣形を取る場合には、2CBと並んで最初の「3」を構成する駒になる。基本システムである4-1-4-1の右SBとしてではなく、オプションである3-4-3の最終ラインに入ってCBとして振る舞う。このウォーカーの流動的な動きは、マンCのチームアタックを機能させるうえで極めて重要なポイントだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ