【J1採点&寸評】柏2-3鹿島|試合の大半を支配して決定機も量産したが… 常勝軍団がしたたかさを発揮!!

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2018年11月07日

鹿島――数少ないチャンスを得点に結びつけるしたたかさを見せる

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】金森健志(鹿島)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
ポゼッションでは柏に上回られながら、セットプレー2発とショートカウンターで少ないチャンスを確実に得点に結びつけるしたたかさを発揮。メンバー総入れ替えの中、アジア制覇に向けて弾みのつく勝利。
 
【鹿島|採点・寸評】
GK
21 曽ケ端準 5.5
キックミスが目立ち、それもリズムに乗れなかった原因のひとつ。後半はハイボールに対しては安定感を見せた。
 
DF
23 小田逸稀 6(78分OUT)
サイドへ流れるクリスティアーノとのマッチアップに苦戦し、度々サイドを割られる。ただ、50分の伊東のシュートのクリアは大ファインプレー。
 
39 犬飼智也 6
2失点目では簡単にクリスティアーノに交わされたが、35分のピンチでは身を挺して江坂のシュートをブロック。
 
 28 町田浩樹 6.5
27分にはCKから同点のヘッドを突き刺す。61分には伊東に入る縦パスをカット。それが決勝点のカウンターにつながる。
 
32 安西幸輝 5.5
サイドでは伊東と小池のコンビに裏を取られ、1失点目は瀬川のキックフェイントで外されるなど課題は残った。
 
MF
6 永木亮太 6
中盤ではマンマーク気味に手塚を牽制し続けたことで、柏のパスの供給源に自由を与えなかった。隠れたファインプレー。
 
40 小笠原満男 6
中盤の底で攻守において存在感を示したほか、柏に押し込まれた苦しい時間帯には周囲を鼓舞してチームを盛り立てた。CKでは精度の高いキックから2点目をアシスト。
 
【関連記事】
なぜプロビンチャの鹿島がタイトル数で独走するのか? 戦力強化の「勝ち組と負け組」
鹿島の鈴木優磨、横浜の山中亮輔が日本代表に初選出!森保監督が語った招集理由は?
ACL制覇に王手の鹿島、第2戦は完全アウェーも「クライマックスを支配する立場」とFIFAは有利を予想
「目の前の相手を打ち負かすことだけ」 AFC公式が鹿島のホープ、セルジーニョと安部裕葵の”並々ならぬ”意気込みを紹介!
鹿島のACL快勝を韓国メディアも絶賛!「スンテ無失点」「スンヒョンは眩しかった」と韓国人コンビの活躍を褒めちぎる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ