【J1採点&寸評】柏2-3鹿島|試合の大半を支配して決定機も量産したが… 常勝軍団がしたたかさを発揮!!

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2018年11月07日

柏――好調だった江坂を交代させた理由は?

瀬川(左)は今季8ゴール目に。江坂(中央)とのコンビネーションも秀逸だった。写真:徳原隆元

画像を見る

MF
14 伊東純也 5.5
先制点に絡み、スピーディなドリブル突破で何度も決定機を作り出す。50分のシュートは小田のクリアに阻止されたが決めなければいけない場面であり、3失点目につながるミスはマイナス点。
 
9 クリスティアーノ 5.5
 左サイドのスペースに流れてチャンスを作る。24分には瀬川の2点目をアシスト。しかし45分のビッグチャンスでは空振り。それがのちに響いた。

FW
10 江坂 任 6(66分OUT)
先制点では瀬川の得点をアシスト。神出鬼没なポジショニングでパスワークを加速する潤滑油の働きを担った。
 
18 瀬川祐輔 6
シュートテクニックの高さを印象付ける2得点。プレスバックで鹿島の攻撃の起点を潰すなど、守備でも貢献。
 
交代出場
FW
11 山崎亮平 5.5(66分IN)
良い形でボールを受ける場面が少なく、特長であるドリブルで攻撃にアクセントを与えられなかった。

FW
26 オルンガ (78分IN)
ハイボールに対し、鹿島のCBと競り合うこともできず。ボールに絡む機会も少なく、攻撃が停滞する原因を招いた。
 
19 中川寛斗 ―(87分IN)
パスをつなぐのか、パワープレーをするのか、終盤のチームの戦い方が明確ではなかったなかでの起用は気の毒。
 
監督
加藤 望 5
攻守において効いていた江坂を下げる不可解な采配。その交代を機に流れが悪くなった。課題のセットプレーも依然として修正ができていない。
 
【関連記事】
なぜプロビンチャの鹿島がタイトル数で独走するのか? 戦力強化の「勝ち組と負け組」
鹿島の鈴木優磨、横浜の山中亮輔が日本代表に初選出!森保監督が語った招集理由は?
ACL制覇に王手の鹿島、第2戦は完全アウェーも「クライマックスを支配する立場」とFIFAは有利を予想
「目の前の相手を打ち負かすことだけ」 AFC公式が鹿島のホープ、セルジーニョと安部裕葵の”並々ならぬ”意気込みを紹介!
鹿島のACL快勝を韓国メディアも絶賛!「スンテ無失点」「スンヒョンは眩しかった」と韓国人コンビの活躍を褒めちぎる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ