ネイマールをトップ下に抜擢! パリSGの「新チームアタック」を徹底分析

カテゴリ:ワールド

ロベルト・ロッシ

2018年11月05日

2列目を考えるとカバーニ以上のCFはいない。

カバーニは2列目と効果的に絡み、チームアタックを機能させている。写真:Getty Images

画像を見る

 カバーニの1試合平均のシュート本数はエムバペ、ネイマール、ディ・マリアよりも低いが、その分彼らがフィニッシュする状況を作り出す仕事をこなしている。もちろん、フィニッシュに絡めばその嗅覚と高いテクニックを活かし、高い確率でゴールを決める。「このチームのCFとしてカバーニ以上に適任と言えるプレーヤーを挙げろ」と言われても、私は誰も思い浮かべることができない。
 
 とはいえ、個人的な意見を言えば、CFカバーニを支える2列目の配置は、右からエムバペ、ネイマール、ディ・マリアという現在の形よりも、右からディ・マリア、エムバペ、ネイマールという並びの方が、少なくとも攻撃の局面に関してはより強力だと思う。
 
 ネイマールはチャンスメークやアシストにおいては際立ったタレントを発揮するが、ことゴールという点では、例えばリオネル・メッシやクリスチアーノ・ロナウドのように年間40ゴール以上を叩き出すタイプではない。だがエムバペはことフィニッシュに関しては、その域に到達するポテンシャルを持っている。
 
 バルセロナでそうだったように、左に置くネイマールを「ラスト30メートルのレジスタ(司令塔)」と位置付け、そのクオリティーを主に崩しとアシストに使うことで、トップ下(事実上のセカンドトップ)に置いたエムバペの得点力をより高いレベルで引き出すことができれば、現在の配置よりも総合的な攻撃力、とりわけゴールの数は増えるのではないかと思う。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ