【J1採点&寸評】仙台2-2札幌|MOMはボランチ抜擢のレフティ。劇的弾の大岩は…

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年04月28日

札幌――退場のキム・ミンテに最低点

【警告】仙台=大岩(66分)、板倉(70分) 札幌=キム・ミンテ(31分、73分)、都倉(40分)、ク・ソンユン(60分)
【退場】仙台=なし 札幌=キム・ミンテ(73分)
【MAN OF THE MATCH】福森晃斗(札幌)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
ポゼッションでは相手に劣りながら、効率よく2ゴールを奪った。しかし、後半開始早々は集中力を欠いて失点し、試合終了間際には10人で耐えきれずドローに。
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 5.5
いくつか好セーブはあった。しかし、ふたつの失点とも、シュートコースは少し甘かっただけに、防げた失点だったか。
 
DF
35 進藤亮佑 6
守備ではクレバーな対応で相手のアタッカーを防いだ。攻撃時のビルドアップのポジショニングも的確だった。
 
20 キム・ミンテ 4.5
対峙したFWに対して、我慢をする局面とチャレンジの判断が良くなかった。そのため、ファウルになることが多く、2回の警告を受けて退場した。
 
32 石川直樹 5.5
序盤はジャーメインのポストワークや中野のドリブルに翻弄されたか。それでも、徐々にギアを上げると、身体を張って堅固な守備ブロックを築いた。
MF
14 駒井善成 6.5
アップダウンを繰り返し、守備では対峙した永戸をケアしていた。78分には、ドリブルで相手を引きつけてから、チャナティップのゴールをアシストした。
 
10 宮澤裕樹 6
少々粗さもあったが、縦パスが入れられても要所で相手を潰していた。目立たないが、中盤のフィルター役になっていた。
 
5 福森晃斗 7
MAN OF THE MATCH
ボランチでプレーし、16分には菅の横パスを受けて先制ゴールをゲット。守勢に回っていた時間帯の得点は大きかった。また、後半からはCBにポジションを移し、何度も相手のハイボールを撥ね返した。
 
38 菅 大輝 6.5(57分OUT)
先制点ではセカンドボールを拾って、横パスからゴールをアシスト。あそこでダイレクトパスをチョイスしたおかげで、得点した福森にトラップする余裕が生まれた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ