現役イタリア人監督が読み解く「W杯の勝負の綾」 イングランド対イタリア

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年06月16日

6人で守り4人で攻める攻守分業型のカウンター狙い。

ボール奪取のポイントがほとんど自陣低めで、このスターリッジ(右)をはじめ4人のアタッカーのスピードを活かしたカウンターアタックを十分に繰り出せなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

【考察:イングランド】
 
 システムは4-2-3-1。すでに見たように「6人で守り4人で攻める」攻守分業型のカウンター狙いが基本戦略。スターリッジ、スターリング、ルーニー、ウェルベックという攻撃陣の個人能力(スピードとテクニック)に活路を見出そうという、ある意味で潔いほどに徹底したスタイルだった。
 
 実際、同点ゴールの場面も含めて、素早い縦の展開からスピードに乗ったカウンターアタックが発動した時には、危険な状況を作り出している。しかし、いかんせんその回数が少な過ぎたうえに(これはイタリア守備陣の功績だ)、そのチャンスをものにするフィニッシュの精度にも欠けていた。
 
 この攻撃力と引き換えになったのが、守備の局面における安定度の低さ。サイドで数的不利に陥って決勝ゴールの場面を含む決定機を許しただけでなく、イタリアのビルドアップに効果的なプレッシャーをかけられず、中盤の攻防で完全に後手に回ることになった。
 
 カウンターアタックが最も有効に機能するのは、中盤でのボール奪取から素早く縦に展開する形だが、イングランドのボール奪取ポイントはほとんどが自陣低めの位置。イタリアの質の高い組織的な守備対応を前にして、効果的な攻撃の形を作るのは難しかった。
 
 守備に関しては、CBペアのクオリティーの低さも目についた。バロテッリひとりに対して2対1で対応しているにもかかわらず、ガリー・ケイヒルが完全にマークを見失ってフリーでヘディングを許した決勝ゴールの場面はその典型だ。
 
 イタリアはMF陣の走り込みがあまり見られず、むしろミドルシュートを狙う傾向が強いなど、最終ラインに直接かかる圧力はそれほど高くなかった。それでもカンドレーバが左ポストを叩いた場面、バロテッリが得たもうひとつの決定機などで、状況判断の拙さ、マークのミスなど個人戦術における欠点を露わにした。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
 
【ロベルト・ロッシ】
1962年3月16日生まれのイタリア人監督。現役時代はMFで、元イタリア代表監督のアリーゴ・サッキや現日本代表監督のアルベルト・ザッケローニに師事。99年に引退し、01-08年はインテルなどでザッケローニのスタッフ(コーチ兼スカウト)。その後は下部リーグで監督を務め、現在はLP2(4部)のフォルリを率いる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ