ウルグアイ 対 コスタリカ|スコア&フォーメーション

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年06月15日

ウルグアイの単調な攻撃にハマったコスタリカの堅守速攻。

ウルグアイはスアレスを投入することなく、コスタリカの前に敗れ去った。 (C) Getty Images

画像を見る

【ポイントレビュー】
 コスタリカが後半の3得点で鮮やかな逆転勝ちを収めた。立ち上がりからボールを支配したのはウルグアイ。24分にはセットプレーから得たPKをカバーニが決めて先制する。しかしボールは支配するものの、5バックを採用し、ブロックを作って守るコスタリカのディフェンスの前に、ウルグアイの攻撃にはリズムが生まれない。
 
 コスタリカは、ウルグアイの単調な攻撃に対し、要所でインターセプトを狙い、鋭いカウンターを仕掛け続けた。これが54分のキャンベルの同点弾につながる。さらに3分後には、FKからドゥアルテが頭で逆転ゴールを決めて試合をひっくり返した。
 
 追いつきたいウルグアイは、前掛かりとなり、全体が間延びする傾向に。このスペースをコスタリカに狙われ、ついには84分、ウレーニャに3点目のゴールを献上することとなる。
 
 ボール支配ではウルグアイが優勢を保ったが、コスタリカはディフェンス面での素早い出足から、効果的なカウンターを次々と繰り出し形勢を逆転。持ち前の堅守速攻が見事にハマり、圧倒的不利と見られた戦前の下馬評を覆してみせた。
【関連記事】
GROUP D 日程・結果
【スタイル分析】5バックによる堅守から効率のいい仕掛け|コスタリカ
【スタイル分析】強力な攻撃陣を伝統の堅守速攻で生かす|ウルグアイ
イングランド対イタリア|サッカーダイジェスト特派のレビュー
【今日は何の日?】6月15日「1試合で10得点を挙げたチーム」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ