【天皇杯決勝|採点&寸評】MOMは決勝ゴールの水沼だ!山口、清武、山村らも…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年01月01日

ボランチの天野は存在感を放てず厳しく採点。

【警告】C大阪=ソウザ(48分)、松田(74分)、R・サントス(90分) 横浜=マルティノス(81分)、H・ヴィエイラ(96分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】水沼宏太(C大阪)

画像を見る

[天皇杯決勝]C大阪2(1EX0)1横浜/1月1日/埼玉スタジアム2002
 
【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
前半は主導権を握るには至らなかったが、ワンチャンスを活かして先制に成功。押し込まれる場面でも粘り強く対応してリードを守った。同点弾を許した後半は攻撃にリズムが出る時間帯もあったが決めきれず。延長戦で逆転され、力尽きた。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 5.5
6分の清武の際どい一撃をファインセーブ。ハイボールの競り合いでもアグレッシブさを見せながらゴールを守ったが、失点は止められなかった。
 
DF
27 松原 健 5
攻撃への高い意識を示すも、時間の経過とともに重心は後ろに。クリアボールを拾われて同点弾を許すなど、悔しい結果に。
 
22 中澤佑二 6
的確なカバーリングでピンチを未然に阻止。ラインコントロールも隙がなく、R・サントスとは見応えあるマッチアップ。
 
2 パク・ジョンス 6
鋭い出足と身体を張ったディフェンスが光る。後方でのパス回しも安定感があり、中澤との連係も問題なかった。
 
23 下平 匠 5.5
パスの出しどころに迷う場面が散見。水沼の決勝点も防ぎきれなかった。伊藤の先制点を導くクロスは見事だったが……。
 
MF
8 中町公祐 5.5
最終ラインからボールを引き出して展開。エアバトルでも引けを取らず、ミドルゾーンで奮闘したが、勝利には結びつけられなかった。
 
14 天野 純 5(106分OUT)
前半は攻守に中途半端な印象で、存在感を発揮できていなかった。47分の好位置からの直接FKはGKに止められた。
 
 
【関連記事】
C大阪が延長を制して43大会ぶりの天皇杯制覇、水沼の決勝点で2冠を達成!横浜は4大会ぶりの頂点ならず
【天皇杯】C大阪の優勝で柏の来季ACL出場が確定! 1月30日に本選出場をかけプレーオフへ
C大阪の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?
横浜の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?
Jリーグ王者の川崎は「DAZNマネー」をどう使うべきか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ