【天皇杯決勝|採点&寸評】MOMは決勝ゴールの水沼だ!山口、清武、山村らも…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年01月01日

C大阪――最後まで戦術を貫いた指揮官は、高く評価。

延長前半5分、水沼(16番)が決勝ゴールを奪取!写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

FW
8 柿谷曜一朗 5(80分OUT)
前半からなかなかボールを呼び込めず。パスを受けても、密集したエリア内では、“閃き”も発揮できず、シュートチャンスはほとんどなかった。
 
24 山村和也 6.5
空中戦でパク・ジョンスに先手を取られ、ポストプレーヤーとしては機能せずも、65分に同点ゴールを奪うと、延長5分には高精度のクロスでアシストもンマーク。終盤には最終ラインに入り、守備固めの貴重な戦力にも。
 
交代出場
DF
5 田中裕介 6(77分IN)
マルティノスに苦慮していた丸橋と代わり出場。ビルドアップでミスも見られたが、守備的に振る舞い、アタックを食い止めた。


FW
11 リカルド・サントス 6(80分IN)
ボールをよく収め、攻撃の基準点として働いた。延長後半の決定機は決めたかったが、及第点は与えられるだろう。


MF
26 秋山大地 -(119分IN)
試合終了間際に投入されると、山口とボランチのコンビを組み、中盤で守備に奔走。タイムアップの瞬間にピッチに立っていたことが監督からの信頼を物語る。



監督
ユン・ジョンファン 6.5
早々の失点でプランどおりに試合を運べなかったはずだが、ハーフタイムに球際の激しさを要求。最後までハードワークスタイルを貫き、チームに2度目の歓喜をもたらした。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
C大阪が延長を制して43大会ぶりの天皇杯制覇、水沼の決勝点で2冠を達成!横浜は4大会ぶりの頂点ならず
【天皇杯】C大阪の優勝で柏の来季ACL出場が確定! 1月30日に本選出場をかけプレーオフへ
C大阪の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?
横浜の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?
Jリーグ王者の川崎は「DAZNマネー」をどう使うべきか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ