• トップ
  • ニュース一覧
  • C大阪が延長を制して43大会ぶりの天皇杯制覇、水沼の決勝点で2冠を達成!横浜は4大会ぶりの頂点ならず

C大阪が延長を制して43大会ぶりの天皇杯制覇、水沼の決勝点で2冠を達成!横浜は4大会ぶりの頂点ならず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月01日

延長前半にヘディングシュートが炸裂!

水沼が決勝点!山村からのクロスをヘッドで仕上げた。写真:徳原隆元

画像を見る

[天皇杯・決勝]C大阪2-1横浜/1月1日/埼玉
 
 天皇杯の決勝が1月1日、埼玉スタジアムで行なわれ、C大阪が2-1で横浜を下した。C大阪は43大会ぶり4度目(前身含む)、Jリーグ参入以降としては初の頂点に立った。昨年11月のルヴァンカップに続く優勝で、国内2冠を達成した。
 
 最初のビッグチャンスを迎えたのはC大阪だった。中央での細かいパスワークで相手を翻弄し、最後は柿谷曜一朗の浮き球パスを受けた清武弘嗣がエリア内でボレーシュート。GK飯倉大樹に防がれるも、ゴールになっていてもおかしくないシーンだった。
 
 しかし、このピンチをしのいだ横浜が8分に先制に成功する。左サイドの下平匠がフリーでクロスを上げると、中央の伊藤翔が胸トラップでコントロールし、GKキム・ジンヒョンとの1対1を制した。
 
 横浜は29分にパク・ジョンスのミスから、あわや失点という場面を迎えたが、なんとかパク・ジョンス自身が身体を張って防ぎ、難を逃れた。
 
 後半は1点が欲しいC大阪がボールを保持して攻め込み、横浜が守ってカウンターを狙う展開に。そうしたなか迎えた65分、水沼宏太のミドルから生まれたチャンスを、山村和也が沈めてC大阪が同点に追いついた。

 C大阪はそのまま勢いに乗って攻め込み、87分には途中出場のリカルド・サントスがエリア内で決定機を迎えた。しかし、ゴールには至らず。延長戦に突入する。

 迎えた95分、C大阪が逆転弾を見舞う。山村がファーサイドにふんわりとしたクロスを送ると、走り込んだ水沼が下平との競り合いを制してヘディングシュート。GK飯倉のポジショニングミスを突いてゴールに流し込んだ。

 そのまま2-1で試合終了。C大阪が元日決戦を制した。横浜は大会最多タイとなる4大会ぶり8回目の優勝とはならなかった。
【関連記事】
【ワールドカップイヤーの幕開け】対戦3か国との相性、そして日本の勝機は?
元日本代表MF、松井大輔が紐解く「ポーランド代表の傾向と対策」
【高校サッカー勢力図】選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
現役Jリーガー90人が選ぶ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ