C大阪の5選手が選んだ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年12月27日

山口が1位に選んだのは「好き放題やられた」という川崎のバンディエラ。

得点王まであと一歩の22ゴールを記録した杉本は助っ人3名をセレクト。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2017年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票によって年間MVPを決定する、恒例の「ベストプレーヤー企画」。今年ルヴァンカップを制覇し、悲願の初タイトルを手にしたC大阪からは柿谷曜一朗、杉本健勇、山口蛍、丸橋祐介、キム・ジンヒョンの主力選手5名がアンケートに協力してくれた。果たしてどの選手を選び、どんなところにインパクトを受けたのか。気になる回答結果は以下の通り。
 
●柿谷曜一朗(FW)
1位▶井手口陽介(G大阪/MF)
2位▶興梠慎三(浦和/FW)
3位▶中村憲剛(川崎/MF)
 3人とも対戦してみて、改めてその凄さを感じた。どの選手も魅了されるプレーが多くて、 いろいろなコンビネーションのイメージが湧いてくる。一緒にサッカーができたら面白いだろうなと、想像するだけでワクワクしますね。
 
●杉本健勇(FW)
1位▶レアンドロ(鹿島/MF)
2位▶エドゥアルド・ネット(川崎/MF)
3位▶クリスティアーノ(柏/FW)
 レアンドロは、大事なシーンでゴールを決めて、鹿島の勝利に大きく貢献していた印象が強かった。実際に自分たちも、ホームの試合で終了間際に点を奪われていますしね。E・ネットは、ただただ巧かった。
 
●山口 蛍(MF)
1位▶中村憲剛(川崎/MF)
2位▶小林 悠(川崎/FW)
3位▶井手口陽介(G大阪/MF)
 中村選手は、絶妙なポジショニングで掴みづらい。アウェー戦では好き放題やられた。小林選手はパスの収まり、飛び出しが一級品で、今季はスーパーな得点も多い。攻守に働ける井手口選手は、常に高水準の出来だった。
 
●丸橋祐介(DF)
1位▶エウシーニョ(川崎/DF)
2位▶家長昭博(川崎/MF)
3位▶伊東純也(柏/FW)
 エウシーニョは落ち着きがあったし、強烈なシュートも印象的だった。キープ力がある家長選手も脅威。飛び込みにくかった。伊東選手ほどスピードのある選手はなかなかいない。しかも技術も高いから対応しづらかった。
 
●キム・ジンヒョン(GK)
1位▶家長昭博(川崎/MF)
2位▶ク・ソンユン(札幌/GK)
3位▶奈良竜樹(川崎/DF)
 家長選手は相変わらず巧い。今季は守備の意識も高かった。ク・ソンユンはセーブ率が高い。札幌の残留にかなり貢献した。アグレッシブな守備が光る奈良選手は嫌な存在だった。ルヴァンカップ決勝は彼の不在に助けられた。
 
取材●小田尚史(サッカーライター)
【関連記事】
現役Jリーガー90人が選ぶ2017シーズンの「ベストプレーヤー」は?
【Jリーグ最新移籍動向】名古屋がシモビッチとの契約を満了… 噂される元ブラジル代表の加入は?
【選手権】編集部が厳選!この冬ブレイク必至の逸材図鑑30~DF・GK編
【J1採点ランキング】トップ10に川崎から4人!総合1位はもちろんあの男
4人の韓国代表GKが選んだ「ベストプレーヤー」は? ふたりが浦和の興梠を1位に選出

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ