【高円宮杯】中村駿太は古巣レイソルとのアウェーゲームでなにを想い、なにを掴んだのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2017年09月17日

「もう頭の中はプレミア優勝と選手権優勝しかない」。

互いをよく知る者同士のせめぎ合い。柏DF陣は中村に容赦ないハードプレスを仕掛けた。写真:安藤隆人

画像を見る

「ちょっとは成長した姿を見せることができたかなと。同時に自分の選択は間違っていなかったと再認識することができた。これからも自分を信じて頑張ろうという気持ちが芽生えましたし、僕はもう『完全に青森山田の選手なんだ』とも実感しましたね。レイソルという存在は、やはり僕にとってすごく大きい。レイソルを相手に戦えたからこそ、あらためて自分を知ることができたんだと思う」
 
 なぜ青森山田を選んだのか。その決断の意味を、自分自身で示すことができた。同時に8年間お世話になった古巣への感謝の気持ちを、いま一度強く抱いたという。
 
「レイソル戦が終わって、ちょっとすっきりした気持ちになれました。もう頭の中はプレミア優勝と選手権優勝しかない。チームのために全力を尽くしたい。当然、今日奪えなかったゴールをしっかりと奪える選手になります」
 
 彼の中でひとつの区切りとなった重要な一戦を終えた。8年間通い詰めた原点とも言える場所で、不退転の決意を示した中村駿太。また、新たな一歩を踏み出した。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
【関連記事】
【高円宮杯】中村駿太が明かした電撃移籍の真相。「このままじゃトップに上がれない」
U-18日本代表、中村駿太のモンテディオ入団が決定!「本当に青森に来て良かった」
【総体】フットボールIQがマジでスゴい! 青森山田・郷家友太はやっぱり“怪物”だった
【総体】青森山田、痛恨の3回戦敗退。黒田剛監督が明かした敗因とは?
【総体】最初で最後のインターハイで、中村駿太はなにを掴もうとしているのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ