【高円宮杯】中村駿太は古巣レイソルとのアウェーゲームでなにを想い、なにを掴んだのか

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2017年09月17日

「自分でもびっくりするくらい緊張していた」。

かつて通い詰めた柏総合グラウンドに帰還した中村。様々な想いが去来したという。写真:安藤隆人

画像を見る

 高円宮杯プレミアリーグEAST第13節、柏レイソルU-18vs青森山田の一戦。緑の名門のエースストライカー、中村駿太(来春のモンテディオ山形入団が内定)にとっては、ただの試合ではなかった。
 
 対戦相手は昨年まで所属していた古巣だ。すでに前半戦で戦い勝利したが、そのゲームは青森山田高校グラウンドで行なわれた。
 
「あまり意識せずに試合に挑もうとしていたのですが、僕らのバスが柏市内に入って、見慣れた風景が目に入って来た。その瞬間、懐かしさとレイソルでの日々が思い返されました」
 
 小学校時代から数えると、8年の時間を過ごした日立柏総合グラウンド。かつて日常を過ごし、サッカーに打ち込んだ思い出の場所での戦いに、中村の心は否応なしに高ぶった。
 
「バスから降りて、グラウンドまでの道とグラウンドを見たら……なんか『帰って来たな』という感覚が湧いてきました。でも、青森山田のユニフォームを着てピッチに入った途端、自分でもびっくりするくらい緊張していた」
 
 覚悟を持って慣れ親しんだ柏を離れ、今春から青森山田に活躍の場を移した。「環境を変えて、もう一度自分を鍛え直したかった。いろんな想いはあるけど、成長する、強くなる、それだけを考えて決断をした」。あれから半年が経ち、古巣とのアウェー戦は「自分がどれだけ強くなれたのか確かめる重要なポイント」と位置づけていた。だからこそ、平常心ではいられなかった。
 
 キックオフの笛が鳴り響くと、彼はその緊張をエネルギーに変えた。「絶対に勝つ。そして成長した自分を見せる。頭の中はそれだけだった」とエンジン全開で動き出し、DFラインをかい潜るように前線で顔を出す。懐深くボールを収めると、そこからチーム自慢のサイド攻撃を引き出していく。立ち上がりから青森山田が主導権を握った。
 
【関連記事】
【高円宮杯】中村駿太が明かした電撃移籍の真相。「このままじゃトップに上がれない」
U-18日本代表、中村駿太のモンテディオ入団が決定!「本当に青森に来て良かった」
【総体】フットボールIQがマジでスゴい! 青森山田・郷家友太はやっぱり“怪物”だった
【総体】青森山田、痛恨の3回戦敗退。黒田剛監督が明かした敗因とは?
【総体】最初で最後のインターハイで、中村駿太はなにを掴もうとしているのか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ