【セルジオ越後】中村俊輔のジュビロ移籍は当たり前の判断。周囲が騒ぎすぎだよ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年01月13日

選手を入れ替えたマリノスがどんな結果を残せるか想像はつかない。

選手の入れ替えを行なっている横浜。新シーズンはどういった戦いを見せるか注目だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 一方でマリノスは中村に続き、兵藤、小林、ファビオ、榎本らが移籍するなど戦力の流出が目立つ。一時は38歳の中澤にも50パーセントダウンの年俸を提示するなど若返りを図っているようだが、それが吉と出るのか、凶と出るのかは今の時点では想像がつかないね。
 
 海外クラブやフロンターレへの移籍の噂がある齋藤が抜ければさらに苦しい状況にはなるけど、扇原、松原、山中といった働き盛りの選手を補強しているし、FWには昨季のセルビアリーグで活躍した(20得点・10アシスト)ポルトガル人のウーゴ・ヴィエイラ(レッドスター)も獲得した。
 
 昨年のグランパスのように降格を予想する人もいるみたいだけど、どうなるかは蓋を開けてみないと分からないというのが率直な感想だよ。
 
 また、今オフは多くの選手が動いているから来季のJリーグがどのような勢力図になるのか楽しみだね。昨年の王者である鹿島はペドロ・ジュニオール、レオ・シルバら即戦力を確保しているし、エースの大久保と風間監督が抜けた川崎も、家長や阿部らを加えて戦力の上積みを図っている。FC東京は大久保に加え、永井、林らを獲得してタイトルを虎視眈々と狙っている。
 
 来季のJリーグは1シーズン制に戻る重要な1年なわけだし、各クラブはより奮闘し、人気を上げてもらいたい。
 
【関連記事】
【磐田】中村俊輔がサックスブルーの決意。「ジュビロイズムを身体に染み込ませる」
川崎が中村や小林、大島ら一挙19人との契約合意&FWハイネルの獲得を発表
【磐田】中村俊輔は10番、松本昌也は14番、川又は20番、高橋は…。新ユニホームはシンプルなサックスブルー
【最新移籍動向】鹿島がFWレアンドロを獲得。横浜の仲川がレンタル復帰
【セルジオ越後】中村憲剛のMVP受賞は納得だけど、突っこみどころは多いよ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ