【磐田】中村俊輔がサックスブルーの決意。「ジュビロイズムを身体に染み込ませる」

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年01月13日

名波監督が語った、中村俊輔の現役時代の印象は?

2017シーズンの新ユニホームに袖を通した中村俊輔。川又から「まだ、似合わない」と言われたそうだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ジュビロ磐田の2017シーズン新体制発表記者会見が1月13日、ヤマハスタジアムで行なわれた。通算13シーズンに渡りプレーした横浜から加入した中村俊輔ら7選手(ムサエフは19、20日頃に合流)が抱負を語った。
 
 新加入選手や名波監督、服部強化部長らと登壇した中村は、まず次のように磐田での決意を語った。
 
「38という難しい年齢での決断でした。魅力あるクラブであり、服部さん、名波さんが門を開けて待っていると言ってくれている状態にしてくれて、そこで自分も挑戦してみたいと決めました」
 
 スタジアムの記者会見場には100人ほどが詰めかけた。その人いきれを、磐田の新10番はさっそく感じ取っていた。
 
「期待は十分に分かっています。あとはピッチで結果を残すこと。ジュビロのサポーターから、『あいつを獲って間違いがなかった』と思われるように、勝点をひとつでも多く積み重ねていきます」
 
 また、磐田の歴史について聞かれた中村は、ジュビロイズムという言葉を使って、想いを語った。
 
「僕が若い頃は、名波さんをはじめ代表選手が多い黄金時代。スター軍団がやっている感覚で、勝てない試合が多く、歯が立ちませんでした。今、そのチームに入れて、不思議な気持ちです。ジュビロイズムを身体に感じて染み込ませて、グラウンドで発揮していきたいです」
 
 また、現役時代の印象について聞かれた名波監督と中村は、この移籍に結び付いた背景とも言える、非常に興味深いことを語っていた。
 
 名波監督は中村について、次のように語った。
 
「お互いシャイボーイ同士で、部屋を行き来することもなく、ピッチ上以外ではそこまで絡んでいなかった。ただ僕は、年齢も、先輩後輩も、社会的地位も関係なく発言してきて、その中で、年下でも俊には尊敬の念を抱いていた。子どもの頃からの変わらない揺るがぬサッカーへの情熱を、ひしひしと感じていた」
 
 そして監督と選手という立場になった以上、中村について「息子だ」と強調した。
 
「僕の手元にいる以上は、全員が息子。そう振る舞うので、そういうふうに接してきてほしい。これはクラブ的なスタンスでもあるが、外的要因が降りかかってきても、守る自信があります」
 
 その指揮官の期待を受け止めるように、中村は次のように応えた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ