• トップ
  • ニュース一覧
  • 町田・黒田監督の下でさらに成長を加速。J1でどこまでやれるか――その先の“大舞台”に繋げるために【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】

町田・黒田監督の下でさらに成長を加速。J1でどこまでやれるか――その先の“大舞台”に繋げるために【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】

カテゴリ:連載・コラム

松尾祐希

2024年02月22日

「悩みました。こんなにすぐに外に出てもいいのか」

さらに成長するために。町田は強度の高さを忘れさせない環境だった。写真:松尾祐希

画像を見る

 もちろん、葛藤はあった。リーグ開幕直後の移籍。逃げるようにチームを去っていいのか自問自答を繰り返したという。

「悩みました。こんなにすぐに外に出てもいいのか。もうちょっと勝負してもいいんやないか。それでもダメだったら出ていこうとか。でも僕の中で、試合に出られずにずっと練習をしているよりも、J2で試合に出て自分の価値を証明したほうが、成長につながるし、ステップアップにもなると思った」

 成長のために選んだ新たな環境。もちろん、1年後に控えていたパリ五輪を考えての移籍でもあった。

「オリンピックを目ざす選手たちがみんな試合に出ているなかで、自分だけ試合に出ていないとなれば、コンディションも上がらないし、周りが成長しても自分は止まったまま。それは良くないという思いがかなりあった」

 そうした想いを持って向かった先はJ2の町田。青森山田高を常勝軍団に育て上げた黒田剛監督の下で、さらなる成長を目ざした。この決断が藤尾にとって、成長スピードを加速させる契機になる。

「強度が高い。去年までも強度を感じながらプレーしていたけど、また違うモノがあったんです。パリ五輪世代のチームで海外遠征した際にオランダやイングランドといった強豪国と戦いましたが、行く度に強度を感じるんです。
 
 でも、簡単ではない。ユース時代から海外遠征を経験して、そこで得たモノを踏まえて高い意識を持とうと心がけるんですけど、続くのは1、2週間ぐらい。環境が違うので、時間が経つにつれて日本の環境に慣れてしまう。

 忘れた頃にまた海外に行って、気持ちを新たにするけど、また忘れるサイクルでしたから。その経験を踏まえて継続しないといけないけど、昨季は自分の中でちょっとずつ変わってきて、うまくいくようになったんです」

 そうした強度の高さを忘れさせない環境が町田にはあった。3月に加入してからミッチェル・デュークやエリキの影に隠れて途中出場が続いたが、徐々に黒田監督が求めているスタイルを体現できるようになる。

 そして、迎えた7月9日の東京V戦。2023年シーズンで4度目の先発に抜擢されると、開始2分にこぼれ球を押し込んで先制点をもぎ取った。最終的にチームは2−2でドローに終わったが、大きな手応えを感じる一戦だったという。

「黒田さんがやりたいサッカーを理解し始めていたタイミングで、うまく順応できたと感じられた。高体連に近いサッカーで、強度が求められるだけではなく、プレーの連続性も必要になる。ボールが来る回数も多いし、センターバックから難しいボールがくることも多いので、それを収められるようになれば、自分の武器になると思ったので意識的に頑張りましたね」
 
【関連記事】
「このままやったらあかんなと」本能のままにプレーしていた中学時代から一変。サッカー人生で味わった初めて挫折【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】
【開幕スタメン予想|町田】J1経験値が豊富な選手を補強。藤尾翔太の相棒を務める2トップの一角は...
【播戸竜二のJ1順位予想】神戸連覇の可能性は十分にある。5位以内を目ざす、町田の補強が積極的で楽しみだ
5試合で8失点。アジア杯のGK鈴木彩艶をどう見た? かつての“正守護神”川島永嗣の見解は――「決定的な仕事をするために突き詰めていくのは大切」
なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ