• トップ
  • ニュース一覧
  • 町田・黒田監督の下でさらに成長を加速。J1でどこまでやれるか――その先の“大舞台”に繋げるために【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】

町田・黒田監督の下でさらに成長を加速。J1でどこまでやれるか――その先の“大舞台”に繋げるために【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】

カテゴリ:連載・コラム

松尾祐希

2024年02月22日

徳島移籍を決めたのは外国籍監督の…

2022年シーズンは徳島でプレー。「すごくいい経験ができた」と振り返る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2の舞台で結果を残した藤尾は、2022年シーズンから徳島に育成型期限付き移籍で加入する。もちろん、C大阪でチャレンジする選択肢がなかったわけではない。しかし、もう1度外に出る決断を下したのは、自身の成長を考えてのチャレンジだった。

「水戸はガンガン前にいくサッカーだったけど、徳島はボールを保持してゴールに迫っていくスタイル。それまでの僕はボールを受ける回数が少なく、ボールに関わる回数が多くなかったので、(受ける)タイミングなどを学ぶ必要があると感じていた。徳島のようなスタイルは今まで経験していなかったので、徳島行きを決めたんです」

 もっと上に行きたい――。新たな戦術に触れることを求めた一方で、外国籍監督の下で本格的に初めてプレーできる環境も藤尾にとっては大きなポイントだった。

「(ダニエル・)ポヤトス監督は、感情がすごく出るタイプ。試合に逆転負けしたりすると、思いっきり悔しさを出す。ポヤトスさんはスペイン人でポゼッションスタイルを志向する指揮官で、そういうところも自分が成長するうえで大事だし、勉強になると思っていた。なので、すごくいい経験ができたと思います」

 シーズン開幕から出場機会を掴み、ストライカーとして起用されただけでなく、4−3−3の右ウイングでもプレーした。しかし、最初から新たな戦術に馴染めたわけではない。藤尾は言う。
 
「実際に最初の頃はボールがなかなかこなかった。縦パスが入ってくる回数も少なかったですし、得点パターンもクロスに頭で合わせる形が多かったので」

 戦術を理解するまでに時間はかかった。ボールを引き出す動きやポジショニング、新たな引き出しを増やす作業は簡単ではなかったが、後半戦を迎える頃にはチームにフィット。「自信になった」という言葉通り、1年を通じてピッチに立ったことでプレーの幅が広がった。

「水戸には夏前に加入したので、自分のことを知ってもらう作業が難しかった。だけど、徳島では1年間プレーしたので、徐々に僕の特徴を理解してくれる人が多くなったので、年間を通じて一つのクラブに在籍できたのも良かった」

 手応えを得て、迎えた2023年シーズン。再び藤尾は岐路に立たされる。C大阪に戻るのか、それともチャレンジを続けるのか。藤尾が出した答えは古巣への帰還だった。

「戻る選択肢もあったし、ほかに行く選択肢もあった。ほかクラブに行くとしてもJ1を考えていたのですが、C大阪から戻ってきて欲しいと言われたことが大きかった」

 さあここから――。という状況だったのだが、開幕から3試合連続でベンチ外に。このタイミングで外に出る決断を下した。

「フォワードで勝負しようと思っていたけど、僕の実力不足で試合に絡めなかったんです。自分の中でこれではあかんと思い、できるだけ早めに決断しようと思ったんです。チームのことも大事だけど、自分の人生でもある。僕が成長できる環境を選ぼうというところで町田行きを決めました」
 
【関連記事】
「このままやったらあかんなと」本能のままにプレーしていた中学時代から一変。サッカー人生で味わった初めて挫折【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】
【開幕スタメン予想|町田】J1経験値が豊富な選手を補強。藤尾翔太の相棒を務める2トップの一角は...
【播戸竜二のJ1順位予想】神戸連覇の可能性は十分にある。5位以内を目ざす、町田の補強が積極的で楽しみだ
5試合で8失点。アジア杯のGK鈴木彩艶をどう見た? かつての“正守護神”川島永嗣の見解は――「決定的な仕事をするために突き詰めていくのは大切」
なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ