• トップ
  • ニュース一覧
  • 町田・黒田監督の下でさらに成長を加速。J1でどこまでやれるか――その先の“大舞台”に繋げるために【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】

町田・黒田監督の下でさらに成長を加速。J1でどこまでやれるか――その先の“大舞台”に繋げるために【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】

カテゴリ:連載・コラム

松尾祐希

2024年02月22日

自身初のJ2の舞台で躍動

今季、初めてJ1へ挑む町田に完全移籍。藤尾は成長を続ける。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 育成に定評があるリップエースSCを経て、C大阪のU-18チームに加入した藤尾翔太は、高校2年生でU-23チームの一員としてJ3でプロデビューを飾った。

 桜色のユニホームを身にまとい、活躍する姿を夢見ていたストライカーは2020年シーズンから正式にトップチームへ加入。プロとして大きな一歩を踏み出したが、ここからが苦難の連続だった。慣れ親しんだ大阪を離れ、武者修行を積む日々。1年毎にチームが変わるなかで経験を重ね、3年の月日を経てJ2でトップクラスの点取り屋として名を馳せるまでに成長を遂げた。

 Jでの活躍は自身の評価を高め、今夏のパリ五輪出場を目ざすU-23日本代表でも立ち上げ当初から主軸として活躍。大岩剛監督の信頼を掴み、ストライカーだけではなく右ウイングでもプレーできる汎用性を買われて欠かせない存在になりつつある。

 五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップまで約2か月。本大会までは5か月しかない。昨季は期限付き移籍で加わり、今季から初のJ1に挑む町田に完全移籍を果たしたストライカーは、今何を思っているのだろうか。

――◆――◆――
 
 2021年の6月12日。藤尾にとって、新たな挑戦をスタートさせる日になった。慣れ親しんだC大阪を離れ、水戸に育成型期限付き移籍したからだ。

「もっと成長したい。なので、苦労したという認識がないんです。何がターニングポイントになったかは分からないけど、気が付いたら仲間のために戦う考えを持つようになっていましたね」

 ハードワークを求める秋葉忠宏監督(現・清水監督)の下でFWを務め、ゴール以外の役割を理解し、試合に出場するなかで多くのモノを掴み取った。

「試合に出ている選手たちからの信頼はもちろん、監督が何を求めていて、僕自身は何をすべきなのか。僕はフォワードなのでもちろんゴールを取らなあかんけど、それ以外のプレーでチームをどうすれば助けられるのか。どう動けば助かるのか。ここで2度追いしたら、味方が助かるなとか。そういうのは徐々に分かってきた。そこは本当に考えてやってきた」

 チームのために戦う意識を高めつつ、もともと持っていたFWとしての嗅覚をより研ぎ澄ました2021年シーズンは、自身初のJ2の舞台で躍動。22試合に出場し、8ゴールをマークした。

「ハードワークは絶対に必要だし、当たり前のこと。それは必要な考え方で、そこは秋葉さんから本当に学ばせてもらった。戦術面でもボールの引き出し方や、ボールを握りながらゴール前に迫る際に、サイドだけではなく中央で崩すパターンも多かったので、プレーの幅を増やしてもらう機会になったんです」
【PHOTO】華やかなダンスパフォ! Jクラブチアが国立に大集合!(Part1)
【関連記事】
「このままやったらあかんなと」本能のままにプレーしていた中学時代から一変。サッカー人生で味わった初めて挫折【パリの灯は見えたか|vol.6 藤尾翔太】
【開幕スタメン予想|町田】J1経験値が豊富な選手を補強。藤尾翔太の相棒を務める2トップの一角は...
【播戸竜二のJ1順位予想】神戸連覇の可能性は十分にある。5位以内を目ざす、町田の補強が積極的で楽しみだ
5試合で8失点。アジア杯のGK鈴木彩艶をどう見た? かつての“正守護神”川島永嗣の見解は――「決定的な仕事をするために突き詰めていくのは大切」
なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ