【リオ五輪代表】中島翔哉インタビュー「サッカーを楽しむこと。パフォーマンスはそこから上がってくる」

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月17日

「オリンピックではメダル獲得、銅メダルを越えていきたい」

中島翔哉(なかじま・しょうや)/1994年8月23日生まれ、東京都出身。164センチ・64キロ。東京Vユース-東京V-富山-FC東京。思い切りの良さと足もとの正確な技術でスケールの大きなプレーを見せるアタッカー。10番を背負うU-23日本代表では、1月のリオ五輪アジア最終予選で活躍。イランとの準々決勝では2ゴールを決めてアジア制覇に貢献した。

画像を見る

――率直に伺いますが、今の日本は世界と戦えると感じていますか。
 
 戦えるように自分が頑張りたいですけど、まだまだ差がありますね。ただ、考え方やサッカーのやり方を少し変えれば、いけるんじゃないかとも思います。例えばゴール前に関しては、日本人選手は互いに譲り合ったりするけど、海外だと自分は自分、相手は相手。自分がゴールを決めることしか考えていないですよね。そういう気持ちは大事にしたい。ゴール前では、僕は基本的にパスはいらないと思っています。相手が食いついてきたらやり方を変えればいい。そういった感覚を磨いていけば、自然と技術も結果もついてくるはずです。
 
――リオ五輪まで残りわずか。目標を聞かせてください。
 
 あと5か月ですか。この期間がすごく大事だと思います。どれだけ成長できるか。まずは所属チームのFC東京で試合にしっかり出て、チームを勝利に導くゴールを決めて、プレー以外の部分でもいいパフォーマンスを出して成長していきたいです。オリンピックでは、メダル獲得が目標です。これまでのベスト、銅メダルを越えていくところが目標ですね。
 
――スパイクについて伺います。大会を通して履いていたスパイク「X」の感触はいかがでしたか。
 
 準決勝までずっと同じ一足を履いていましたが、足によくなじんでくれました。カタールのピッチコンディションは比較的良かったんですけど、ピッチが濡れていたり土がゆるかったりした時、しっかりプレーをサポートしてくれました。でもターンや踏み込みで滑った時に、スパイクのせいにはしたくないですね。自分の身体の使い方で、転倒などの危険を回避できることもあると思うで。
 
――スパイク選びの際に重視することはなんですか。
 
 普段の靴を選ぶのと同じ感覚で、スパイクも選んでいます。かかとが浅いスパイクはプレー中に脱げそうな感覚になるので、履き口の心地よさは重視します。あとは指や足の裏が痛くならないかどうか。アディダスのスパイクは自分の足に合っているので、これまでストレスを感じたことはありません。
 
取材・文:波多野友子      
 
【関連記事】
【日本代表】ハーフナーが約1年半ぶりの復帰! 3月のW杯2次予選メンバーを発表!
【日本代表】ハリルが本田に求めるのはストライカーの仕事。W杯予選6試合連続ゴールでチームを勝利に導けるか
【リオ五輪予選】迷いを掻き消す2ゴール。準々決勝で10番・中島翔哉がついに輝きを取り戻す
中村俊輔、本田圭佑、柴崎岳らが背負う"ナンバー10の使命"――ジーコ元日本代表監督が、中村を使い続けた理由とは
大成の条件――欧州で名を上げた中田、中村、本田…。才能では劣らない柿谷がいまだ輝けない理由とはなにか?
【リオ五輪予選】FC東京でつながる“3世代の10番”。北京五輪世代の梶山陽平とロンドン五輪世代の東慶悟が中島翔哉へ送ったアドバイス

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ