• トップ
  • ニュース一覧
  • 【中澤佑二コラム】コスタリカ戦の失点場面で、吉田はなぜパスを選択したのか? それよりも気になる2つの事象

【中澤佑二コラム】コスタリカ戦の失点場面で、吉田はなぜパスを選択したのか? それよりも気になる2つの事象

カテゴリ:日本代表

中澤佑二

2022年11月29日

吉田は、まさにこの日の日本の象徴

コスタリカ戦はもう終わったこと。次のスペイン戦に切り替えたい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 伊藤の対応も、結果的に良くなかった。フレールにパスが出た瞬間、伊藤はオフサイドを取ろうと前に出た。でも、その試みは奏功しなかった。

 見過ごせない理由は、オフサイドを取りに行く守備というのは、失点のリスクがかなり高くなるから。オフサイドを取れなければ、入れ替わられて、決定的なピンチになる。オフサイドを取りに行くのは、ある意味、一番失点しやすい行為でもある。この大会でも、こういった場面は数多く見られる。 

 現役時代、岡田さんから「オフサイドで逃げるな」と、よく怒られた。「ラインを上げるのはオフサイドを取るためじゃない。コンパクトにするためだ。勘違いするな」と。

 なぜ、伊藤はオフサイドを取りに行ったのか。1つ考えられるのは、フレールがパスを受けた時点で、間に合わないと判断したから。もしそうであれば、事前のポジショニングでもっと絞っておくべきだった。少しでもフレールの近くにいれば、また違った対応があったはずだ。

 吉田に関しては、まさにこの日の日本の象徴だったように思う。こぼれ球の処理で、クリアではなく、パスを選択した。これがドイツ戦であれば、味方につなげられなくても、失点を回避するために、おそらく大きく蹴り出していたのではないだろうか。でも、コスタリカ戦は“勝たなければいけない”試合。まだ1点も取れていない。ボールを大事にして、攻撃につなげたい――。
 
 だが、結果的に失点につながるプレーになってしまった。仮定の話になってしまうが、クリアという判断をしていれば、最低でも勝点1は取れていたかもしれない。

 手痛い敗戦だった。コスタリカがどうこうより、日本は自分たちで崩れてしまったと思う。

 いずれにしても、コスタリカ戦はもう終わったこと。課題として持ち帰るのは、ワールドカップが終わってからでいい。今、振り返ったところで、コスタリカとまた試合をやるわけでもない。

 次の相手はスペイン。ドイツ戦と同じメンタリティで臨んでほしい。勝つためのプレーをチーム全体で遂行して、勝点3を掴み取ってほしい。

【著者プロフィール】
中澤佑二(なかざわ・ゆうじ)/1978年2月25日生まれ、埼玉県出身。元DF。三郷工技高を卒業後、ブラジル留学を経て、1999年にV川崎に加入。2002年に横浜に移籍し、同クラブで2018年に引退。J1通算593試合・53得点。99年に新人王を受賞し、ベストイレブンには6度選出。2004年にはMVPに選ばれた。日本代表でも際立つ実績を残し、通算110試合・17得点。ワールドカップには2006年ドイツ、2010年南アフリカと、2大会連続で出場した。現役引退後は解説者、番組MC、モデル、ラクロスの指導者など、幅広いフィールドで活躍中。自他ともに認める安室奈美恵の大ファン。

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【動画】81分、痛恨の失点…コスタリカ執念の決勝弾をプレーバック
 
【関連記事】
「何を恐れているんだ?」“FIFAランク最下位”に敗れた韓国代表を中国メディアが酷評!「ファンは号泣、母国のサッカーを嘆き悲しんだ」【W杯】
「クソが、恥を知れ!」英メディア編集者が作成した日本人ファンのゴミ拾い“逆再生”動画に批判殺到!「トミのシャツを着ているから…」【W杯】
【橋本英郎】失点シーンの伏線となっていた吉田のミス。怒鳴ってでも「危険だ」と周りが伝えるべきだった/W杯
“ボールを持たされると苦しい”コスタリカ戦でも露呈した森保ジャパン積年の課題。W杯仕様の戦い方が裏目に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ