• トップ
  • ニュース一覧
  • 【中澤佑二コラム】コスタリカ戦の失点場面で、吉田はなぜパスを選択したのか? それよりも気になる2つの事象

【中澤佑二コラム】コスタリカ戦の失点場面で、吉田はなぜパスを選択したのか? それよりも気になる2つの事象

カテゴリ:日本代表

中澤佑二

2022年11月29日

イメージと現実がマッチしなかった

早く1点が欲しかった日本。それがプレッシャーになったのかもしれない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[カタール・ワールドカップ・グループステージ第2戦]日本 0-1 コスタリカ/11月27日/アフマド・ビン・アリ・スタジアム

 コスタリカ戦は0-1で敗戦。いろんな見方があると思うけど、まず1つは、ドイツ戦からスタメンを5人、変更したことで、チームとしての力が落ちてしまったところはある。日本の選手たちの一人ひとりの能力は間違いなく高い。でも、それが“足し算”にならず、コンビネーションの部分で物足りなかった。

 コスタリカはのらりくらりといった様子で、想定していたより攻めてこないとか、速攻で行けそうなのにスローダウンしたりとか、ボールをこねくり回したりとか。そういう相手に対して、日本はなかなかリズムを出せなかった。

 初戦のドイツは分かりやすかった。しっかりポゼッションして、ほとんどロングボールを蹴らず、足もとに入れてくる。そのイメージ、勝利したドイツ戦のイメージが強かったか。コスタリカは、真逆だった。日本はそのギャップに苦しんだのかもしれない。頭の中のイメージと、実際に起きている現実がマッチしなかったというか。

 それと、おそらく日本は前半の早い時間帯に1点が欲しかったのだと思う。それで少し焦ってしまったように見えた。先に点が欲しい、気持ちを楽にしたい……。

 前半は、コスタリカも失点したくないので守り重視になっていた。だから日本も0-0でも全然問題はなかったはず。初戦で日本は勝っているし、逆に、コスタリカはスペインに0-7で大敗。彼らにとって日本戦は“勝たなければいけない”ゲームだった。でも実際は、日本のほうが焦っているように見えた。スペインが7点を取ったんだから、自分たちも点が取れる。前半から点を取っていなければいけない。そういった考えがプレッシャーになっていたのかもしれない。 
 
 早く1点を取って、楽になりたい。そういう精神状態で、一人ひとりが普段、やらないようなプレーや判断をする。それでパスがズレて、判断が遅れて、周りとの連係が合わなくなる。それが悪いほうに連鎖してしまう。

 みんながみんな、考えすぎてしまっていたのではないか。前半に長友が右足のアウトサイドでスルーパスを出した。これには驚いたと同時に、納得もした。ああ、やっぱりな、と。長友は普段、そんなプレーはしない。少なくとも僕はほとんど見たことがない。誤解を恐れずに言えば、本来の長友のプレーではないと思う。 

 でも、右足アウトでパスを出した。本人もいろんなことを考えていたのだろう。僕も現役時代に同じようなプレー、判断をしてよく岡田さん(武史/元横浜、日本代表監督など)に怒られた(笑)。 

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!
 
【関連記事】
「何を恐れているんだ?」“FIFAランク最下位”に敗れた韓国代表を中国メディアが酷評!「ファンは号泣、母国のサッカーを嘆き悲しんだ」【W杯】
「クソが、恥を知れ!」英メディア編集者が作成した日本人ファンのゴミ拾い“逆再生”動画に批判殺到!「トミのシャツを着ているから…」【W杯】
【橋本英郎】失点シーンの伏線となっていた吉田のミス。怒鳴ってでも「危険だ」と周りが伝えるべきだった/W杯
“ボールを持たされると苦しい”コスタリカ戦でも露呈した森保ジャパン積年の課題。W杯仕様の戦い方が裏目に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ