【J1トップ3順位予想】主力流出と怪我人続出の川崎…現状有利なのは横浜か。絞られた5チームの3位争いの行方は?

カテゴリ:Jリーグ

河治良幸

2021年09月15日

川崎は10月の代表ウィーク前の5連戦で粘り切れば…

川崎にとっての希望は、谷口ら怪我人がリーグ終盤戦に戻ってくることだが。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 今シーズンの横浜は外国人選手の合流が遅れ、さらにキャプテンの喜田拓也も出遅れたために開幕時はやりくりに苦しんだものの、そのなかで起用された選手が経験を積んで戦力化されたことが今に活きている。中断明けから指揮を執るケヴィン・マスカット監督が試合をこなしながら、戦力を把握してきているのも強みだ。

 川崎も福岡で”武者修行”していた遠野大弥や、大卒ルーキーの橘田健人がベンチメンバーとしては十分な戦力に成長。しかし田中碧や三笘薫の移籍、さらに怪我が重なったことで、主力としての働きが求められ、それまでベンチ外だった選手がベンチに入るといった状況で、前半戦では完全ターンオーバーにも耐えられたチームがそうではなくなった。

 ルヴァン杯、ACLに敗退したことで、終盤戦の日程は”超過密”から”過密”くらいに下がったが、ACLの遠征帰りで10月の代表ウィーク前に5連戦が待っていることも非常に厳しい。言い換えると、その期間をもし横浜に逆転されずに粘り切れば、代表ウィークを利用して立て直せるので、逃げ切りの芽が十分に出てくる。ただ、横浜はここから基本1週間に1回の試合日程になるので、かなり有利であることは間違いない。
 
 川崎にとって希望は谷口彰悟や大島僚太、旗手怜央といった怪我人が、終盤戦に戻ってくる見込みがあること。一方の横浜は、畠中慎之輔が左ハムストリングの負傷で今季絶望と見られており、チアゴ・マルチンスの怪我もあったことで、現在は岩田智輝が4バックの中央を埋めている。さらに怪我人が出るとスクランブルになるが、特別指定を経て今年7月に正式加入した角田涼太朗にとっては、価値を示すチャンスと言えるかもしれない。

 いずれにしても川崎と横浜のマッチレースであることは間違いない。最終節の直接対決で優勝が決まる展開になれば、Jリーグとしても最高に盛り上がるが、どうなるか。
 
【関連記事】
ユーチューバーから異例の転身! 鳥栖加入内定のGK深谷圭佑が示す決意「ほかにないからこそ伝えられることがある」
「殴ろうかと思ったと…」内田篤人の鋭すぎるインタビューに日本代表戦士がクレーム? 弁解した本人は“意図”を明かす
なぜ中国のエースは空港で日本の欧州組を撮影し、反響を呼ぶ投稿をしたのか。その真意を激白!「僕は何度も言ってきた」
まさかの事態にスターも慌てて…C・ロナウドのシュートが直撃した女性警備員が転倒! 敗戦後の “心温まる計らい”に反響
「ストライカーだってやる」冨安健洋が明かした驚きの“ポジション観”。先輩・岩渕真奈との関係にも言及「連絡したら…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ