【J1採点&寸評】清水0-2川崎|ストレスの多いゲームでも王者の貫禄! MOMは2ゴールに絡んだ脇坂

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2021年07月18日

清水――チームトップ評価は鈴木

鈴木は好プレーを連発。攻守で存在感を示し、与えられた役割を全うした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

MF
10 カルリーニョス・ジュニオ 5.5(54分OUT)
守備で献身的なハードワークを続けつつ、カウンター等でチャンスに絡むシーンもあったが、質は今ひとつ。接触プレーで足を傷めて交代となった。

FW
23 鈴木唯人 6.5(78分OUT)
前からの守備で役割を忠実に果たしつつ、中盤で川崎のプレッシャーをはがして前を向くプレーを連発。チームとして意図した戦い方を形にする意味で大きな役割を果たした。

9 チアゴ・サンタナ 5.5
前線で身体を張ったプレーを続けたが、キープしたところからのパスは物足りず、惜しいシュートもあったが決めきれなかった。
 
交代出場
MF
26 滝 裕太 6.5(54分IN)
ドリブルでもパスでもセットプレーのキックでも好プレーが目立った。得点には結びつかなかったが、今後が楽しみになるパフォーマンスを見せた。

MF
11 中山克広 5.5(65分IN)
7月7日に入籍してからの初出場で気持ちの入った動きを見せ、71分には好機に絡んだが、持ち味を十分発揮することはできず。

MF
17 河井陽介 5.5(65分IN)
ビルドアップの中継役としていつも通りの安定したプレーを見せたが、プラスαでチームを勢いづける仕事はできなかった。

FW
27 指宿洋史 ―(78分IN)
前線のターゲットとして競り勝つ働きはあまりできず、下がって受けて起点になるプレーでもミスがやや目立った。

監督
ロティーナ 6
前節の徳島戦から引きすぎない戦い方に修正し、内容的には勝てる可能性のある展開に導くことに成功。交代策も効果を発揮したが、両ゴール前での質という面では川崎に及ばなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【J1第18節PHOTO】清水0-2川崎|ACL帰りもなんのその!”キング”大島がリーグ戦復帰が即ゴールで川崎がリーグ22戦無敗!
【関連記事】
日韓のチームがあまりにも強すぎて…中国メディア選定、ACL5つの“超悲劇”
ルヴァンカップ決勝トーナメントの対戦カードが決定! 前回王者FC東京は札幌、公式戦無敗の川崎は浦和と激突
「本気で可愛すぎる」福岡チアリーダー・Ayaが魅せた“癒しショット”が大反響!「相変わらずの破壊力」
「僕も負けないように」セルティック移籍の古橋が告げた想いとイニエスタからのメッセージ
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ