日韓のチームがあまりにも強すぎて…中国メディア選定、ACL5つの“超悲劇”

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月08日

「この5試合の合計スコアは39-1だ!」

川崎(左)や全北現代(右)など、ACLのグループステージで日韓のチームが際立つ強さを見せている。(C)2021 Asian Football Confederation(AFC)

画像を見る

 今季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)では、ここまで日韓のチームが圧倒的な強さを披露している。7月8日、中国の全国紙『騰迅体育』が伝えた。

 前日にはグループHのガンバ大阪がシンガポールのタンピネス・ローバーズFCを8-1のスコアで一蹴。そのタンピネスはこの試合の6日前には、韓国の全北現代モータースとの一戦で0-9の完敗。同チームはここまで5試合を終え、総失点は23。厳しい戦いを強いられている。

 ACLは今大会から参加チーム数が拡大。東地区ではグループステージ出場チームが、これまでの「16」から4チーム増えて「20」に。この現状を受け、同紙は「シンガポールやフィリピンといった、やや力の劣るリーグのチームがACLに参戦している。だが、日本や韓国のチームとの間に大きな実力差があるため、今年のACLでは“悲劇”が予想されていた」と記した。

 韓国の蔚山現代が首位を走るグループFに組み込まれたフィリピンのカヤ・イロイロ、名古屋グランパスがすでにラウンド16進出を決めているグループGで最下位となったタイのラチャブリFCに関しては、「彼らの対戦相手は、そこまで無慈悲ではなかった。負けるにしても0-4や0-5というスコアだ」という見解を示す。

 一方で「ユナイテッド・シティFC(フィリピン)とタンピネスはアンラッキーだった。それぞれのグループには日本と韓国、両国のチームがいて、そのうちのどちらかはリーグチャンピオン(日本は川崎、韓国は全北現代)だからだ」と指摘する。
 
 また中国の北京FCも川崎に0-7の大敗を喫している。この試合を含め、同紙は「東アジアでの5つの超悲劇」として、大差のついたゲームを5つセレクトした。

全北現代(韓国) 9-0 タンピネス(シンガポール)/グループH
川崎(日本) 8-0 ユナイテッド・C(フィリピン)/グループI
G大阪(日本) 8-1 タンピネス(シンガポール)/グループH
川崎(日本) 7-0 北京FC(中国)/グループI
大邱FC(韓国) 7-0 ユナイテッド・C(フィリピン)/グループI

 少なくないワンサイドゲームに「日本と韓国のチームによって起こされた5つの超悲劇は、0-5でも収まらなかった。最低でも7点差をつけられ、この5試合の合計スコアは39-1だ!」とまとめた。

 グループステージはセントラル開催でタイトな日程が組まれるなど、コロナ禍で行なわれている今大会はいくつかのイレギュラーがある。そのなかで日韓のチームが際立つ強さを見せているが、フィリピンやシンガポール、あるいは若手主体で臨んでいる中国のチームは苦戦を余儀なくされている。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【日本代表PHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!
 
【関連記事】
「川崎には弱点がある」リベンジに燃える大邱指揮官の“J王者対策”とは?「初戦でプライドを傷つけられたが…」
「大人の色香がスゴイ!」韓国の女神、イ・ミナが魅せた“ぴったり白Tシャツ”姿に賛辞続々!「もはや反則級」
「キレキレで最高」ガンバ8発圧勝でGS突破へ望み! パリ五輪世代FWの圧巻ハットにファン歓喜!
落ち着いて最後はニア上へズドン!「そこねじ込むんかい」。ACL最終節で決めた名古屋・前田直輝の先制点に喝采!
広州戦で2ゴールの加藤が圧巻ボレー弾を回想「スペースをあえて空けておいて…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ