「なんなんですかね、彼は」。恩師も想像できなかった冨安健洋の成長曲線【東京五輪メンバーのルーツ探訪】

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2021年07月16日

福岡U-15に入団する前から「プロへの道」が見えていた

日本代表でも今や重要な戦力に。吉田麻也とのCBコンビで、メダルが期待される東京五輪でもゴール前に強固な壁を築きたい。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 藤崎たちのそうした指導のおかげで、冨安はすくすくと成長していく。普通、選手のキャリアを辿るとそれなりに大きなエピソードはあるものだ。しかし、「タケは例外」と藤崎はいう。

「劇的な何かがあったわけではないんですよね。だから、タケとのエピソードを訊かれるといつも答に困ります(笑)」

 常に淡々と自分のプレーに集中して、良いプレーをしても、逆にミスをしても、感情は表に出さない。伸ばすべき長所、改善すべき短所を自己分析してスケールアップできるよう努める。そうした地味な作業を文字通り淡々とこなす姿が、藤崎の脳裏には焼き付いている。

「失敗しても次の試合で修正する子でしたね。U-17ワールドカップのアジア予選の韓国戦(14年9月14日)で、タケが相手にぶち抜かれたシーンがあったんですよ。そこでも『なぜそうなったか』を考え、以降、より判断を意識してプレーし始めた印象があります」

 誰かに何かを言われずとも課題に取り組める。藤崎のコメントを拝借すれば「タケはまったく手がかからない子」だった。

「ジュニアユースの頃から誰よりも早く練習に来て、『先に皆の分も準備しておきます』と言う子でしたからね。自主練して最後までいれば『あとは僕が全部片づけます』と。正直、怒った記憶がほぼありません。『もっと言葉にしてリーダーシップを取っていいよ』とタケに言ったことはありますが、彼が黙っていてもチームメイトが『タケがやっているんだからやろうよ』となる。背中で引っ張るタイプでした」
 
 くそ真面目。冨安の性格をひと言で表現するなら、そうなるだろう。

「根が素直なんですよ。コーチに指摘されたらまずやってみる。だからといって、『やってますよ』とアピールするわけではないんです。本当に淡々と、そんな感じです」

 おそらく冨安には福岡U-15に入団した当初、いや、それ以前から「プロへの道」が見えていた。続けてこう語ってくれた藤崎の証言からもそれは感じ取れる。

「中学3年で参加したトップチームのキャンプで浮かれるわけでも、物怖じするわけでもなく、普通にプレーしていました。『俺はここでやる』と明確な意思を持っていたからでしょう。僕としては、このタイミングでキャンプに参加させて良かったと思いました」
 
【関連記事】
「だから、とても難しい」冨安健洋の移籍にボローニャ幹部が言及! 伊メディア記者は嘆き節「つらい放出だ」
「とがめることはできない」トッテナム移籍濃厚の冨安健洋に、イタリア人記者が持論「世界最強DFのひとりだから…」
「本気で可愛すぎる」福岡チアリーダー・Ayaが魅せた“癒しショット”が大反響!「相変わらずの破壊力」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「色っぽい…」なでしこ塩越柚歩が披露した“肌見せ”初モデルショットにファン大反響!「攻めましたね」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ